<< Brazil Meets Hi... A New Blog >>

Always carry their points.

「臓器移植」について、グループでdiscussion。若者、権力者、金持ち、そして、臓器移植が成功する可能性のある人、ない人、どの分野にプライオリティーがあるのか。私の意見は「金持ち」。他は「若者」。質問には"If"(もしも・・・)のフレーズがあったのだが、私はこういう類の話での綺麗ごとが、どうも好きではない。「若者」というのは最もな意見であり、それが可能ならそれに越したことは無い。しかし夢物語ではなく、リアリティを語ってその中から可能性のあることを見つけ出していきたいという、日本語でこうして簡単に説明できることが、英語ではやはりどうしても上手く表現することができず、そして主張の強い彼らに反対意見をまくしたてられ、かなりイライラしたdiscussionのまま授業が終わってしまった。

彼らは、人の意見を全く聞かない。相手が意見を言い終わらないうちにどんどん割り込んできて、とにかく自分の意見を主張する。ここがアメリカだろうと何処だろうと全く気にせず、自分が1番というスタンスを常に持ち、良く言えば母国愛なのだろうが、プライドがとても高く、そういう場になるともう収拾がつかない。そして大抵我々日本人は黙ってそれを聞いている。私は学校に通い始めた当初は、発言していかなければという気持ちが強く、内容も論争にまでは発展しないような簡単なトピックだったので日本人としては発言していた方ではあった。しかし彼らと8ヶ月近くを共にしてきて、最近はこの、人の話を一切聞かない彼らのキャラクターにうんざりしてきた。「質問に、"In your opinion, what do you think~?"って書いてあるんだから、他人が何言ったとしてもまずはとりあえず黙って聞いてろよ。それからお前も相手に反対した意見を言うんじゃなくて、ただ単にお前の意見として述べればいいんだよ。」と、心の中でブツブツつぶやいている私。加えて彼らは「自分が絶対に正しい」という部分を主張しようとするので、最後には論点もずれてくる。移民なのに、アメリカやアメリカ人までをも否定したりすることもあり、こちら側がアメリカに合わせるのではなく、俺らを理解しろよ的スタンス。「じゃあ国へ帰れよ」とまたもや心の中でつぶやく私。
[PR]
by inBrooklyn | 2006-03-03 14:10 | school
<< Brazil Meets Hi... A New Blog >>