<< Spring is coming! Peter Luger Ste... >>

To Registrate

ビザ更新の為、帰国前に転校の手続きをしなければならないので、今日は2つ目の学校となるHunter Collegeの語学プログラムコースへ情報収集へ行ってきた。Hunter CollegeはManhattanの68丁目(Central Parkの東側)にあり、都会のど真ん中に大学が突然聳え立つような感じだった。私のなかで、アメリカの大学のイメージというものは、大自然の中に信じられない規模の大きさで君臨するザ・アメリカといわんばかりのものであったが、さすがにNYはManhattanにあるということで、なんとも無機質な匂いのする大学であった。小さな校舎の中には溢れんばかりの学生たちがあらゆるところでたむろしており、もういい歳の私には、多少キツイ環境のような気もした。しかし、この学校でTOEFLを受講するには夜の時間帯しかクラスが無いとのことだったので、今日の昼間のような光景に出くわすことはないだろう。助かる。

今回この学校を選んだ理由は、大学付属の語学学校であるということ、Hunter CollegeはNY市立大学のなかでも難易度が高く、講師陣がそれなりに揃っていると評判であること、教師がネイティブであること・・・と色々あるが、単純に、ビザの更新がよりスムーズに行くようにとの思いと、開始時期のタイミングが合ったことで選んだ。今回はたった2ヶ月の授業料が一気に跳ね上がって$1,700(20万近く)。今の学校では半年で$1,440だったので、かなり高く感じたが、それでもこの値段は市立大学だということもあって、かなり良心的な値段。

このBlogでも何度書いたかわからないが、私は今の学校が本当に本当に大好きなので、できれば転校などしたくない。ビザの更新が無ければ、TOEFLのスコアが達成するまで、ここにい続けたであろう。通い始めた当初は、6ヶ月先、9ヶ月先のことなどはるか遠くのことに思っていたが、こうしてもう転校しなければいけない時期がやってきて、ビザを取得した日から早くも1年が経とうとしている。そしてまた、新しい環境に身を置いて勉強しなければならないという、ここらへんも、いい歳の私にはなかなか面倒くさい作業なのである。
[PR]
by inBrooklyn | 2006-03-28 12:37 | school
<< Spring is coming! Peter Luger Ste... >>