<< Last 30th Her Journey >>

Spanish-American Institute

f0080357_11317.jpg12日で9ヶ月の語学学校が終了。1月に病気で休んだ分を4月末までプラスしてくれるとの事だが、ペーパー上では7/11~4/12で終了した。この学校ではレベル4からスタートし、5、6、Business、Advanced、TOEFLと5つのレベルをクリアしていった。とは言ってもTOEFLは1ヶ月前に始めたばかりなのでまだまだ先が長い戦いであったのだか、ビザの関係上4月でこの学校は終了。昨日はMilaとRaymondも終了だったので3人のお別れパーティーなる物が開催された(と言っても、企画は彼ら当人2人による物であったが)。

9ヶ月。果たして私の英語力はどの程度上がったのであろうか?振り返ってレベル4の教科書をみれば確かにとても簡単に思えるようにはなったが、実際ここでの生活で苦労が無いかといえば全くもって未だに苦労だらけの日々で、ニュースがある程度わかるようになったくらいのものだし、やはりnativeと話す時には何度も聞き直さないと理解不可能。激安語学学校での9ヶ月は果たしてどういうレベルの物であったのか、6月のHunter Collageによってわかるであろう。

帰国も近づき、思うことは、とにかくこの9ヶ月は慣れることで精一杯だったような気がする。知り合いもいないこの地で、毎日学校に通い、何人かの友人にも恵まれ、日本人の安心できるアルバイト先にも恵まれ、ハプニングもこれでもかというくらい起こっていたが、それでもこうして無事に9ヶ月を終えることができた。沢山の人によるサポートがあってこそ。そしてこの期間に私が体験し、学び、成長していったことは、他の何にも変えることができない、そんな風に思える9ヶ月であった。ここで1度日本に帰国することで、更にまた自分自身を色んな方向から見つめ直すことができるであろうと思う。あっという間だったが、長かった9ヶ月。
[PR]
by inBrooklyn | 2006-04-15 01:18 | school
<< Last 30th Her Journey >>