<< F-1 VISA Last 30th >>

Wonderful Days

31歳の誕生日は想像をはるかに超えた、それはそれは素敵な誕生日となった。ここNYCで出会った全ての人にお祝いしてもらったような気がする。そして日本人の暖かさにも感謝。もちろん、日本から多くのメールも頂いた。本当にみんな、どうもありがとう。本当に、31歳ともなると誕生日は「嬉しい」というより、「来てしまう」感のほうが強くて、「あ~あ」的なものが大きいのだが、アメリカということもあり、みんなでワイワイモードが誕生日!という感じなので、私も本当に楽しむことができて、嬉しい日々となった。こんなに多くの人に「おめでとう」と言ってもらったのは久しぶり、というよりあまり身に覚えが無い。日本と違って、アメリカではあまり携帯でメールをすることもないので、「声」としておめでとうを頂き、それはやはりメールの何倍も嬉しいものであるということにも今更ながら気付いた。

さて、ここで31歳を気に禁煙を、ということを彼に持ちかけられていたのだが、私が禁煙したら$500くれるという。私が吸ったらダブル返しということで。私はこの提案に"Yes"と言ったわけではないのだが、誕生日プレゼントは相当な金額の現ナマで、これには禁煙料が入っているのだろうと思われる。誕生日の次の日には朝タバコが無くなっており、なんとかこらえていたのだが、アルバイト先で我慢できずに購入。その後の電話で「タバコ吸った?」と聞かれ、思わず「まさか!」と答えてしまった。それから会っていないので、タバコと私は思いのまま共に時間を過ごしているのだが、さて、明日はどうしようか。禁煙とは想像以上にとても大変なことで、やはり15年以上もの習慣となっていたものをいきなり明日からプッツリとやめるということは、相当な覚悟と気合が要るわけで。
[PR]
by inBrooklyn | 2006-04-22 13:33 | New York
<< F-1 VISA Last 30th >>