<< Over 30 I'm leaving. >>

in Brooklyn

f0080357_10521729.jpgBrooklynに戻る。今回の日本帰国は3週間近くの長い滞在だった。GWから始まり、日本中が9連休というvacationモードだったので、私も最初の週は本当にのんびりした時を過ごし、父と駅前のカフェで2日間も過ごしたり、全てがスロウライフだった。GW明けからは、国際免許や歯医者、病院、銀行など、できることを片っ端からこなしていったが結局時間が足りずに、会いたかった友人にも会えずに終わってしまった。今回の帰国で、今私の生活はここBrooklynにあるのだということ、ここにいた10ヶ月間はどこか夢見がちな生活のような感じがして、現実味がないとでも言うのか、そんな感じが拭い切れなかったのだが、日本に帰ったことで今の生活を再認識できた。紛れも無く、今の私はここがベースなのだということを感じ、今やらなければいけないこと、今やりたいこと、色んなことが更に明確になった。日本は全てがスロウで、社会人はあくせくしているが、なんというか、ピースフルな静かな国だった。たった10ヶ月なのだが、電車ののり方1つ、忘れてしまうもので、自分のそういった物理的な変化にも驚いた。そして友人と会って、私には今社会人のときに抱えていたようなシリアスなストレスが無く、日本人は文句が多いなあ、などと感じた。競争社会のなかで生きていく為には逃れられないストレスで、そういう意味ではとても早い世の中の流れに付いていかなければならない状況下にあるわけなのだが、危機管理、マニュアル、体制ひとつとってもそういう部分だけは確認・確認の繰り返しでスロウな国。もっとアップテンポで行かなければいけない部分と、スロウでも大丈夫な部分が逆であると感じた。

しかし、和食は美味しいし、街は綺麗だし、洋服は可愛いし、セレクトはいいしで、日本は素敵な国だった。そして安全で、平和。

1番の原因は、今日本に自分の家が無いということに尽きるのだが、やはりBrooklynのボロ我が家に戻ってきて、本当にホッと一息。あっという間に日本からまたアメリカへ。私のreal lifeが再始動した。
[PR]
by inBrooklyn | 2006-05-18 10:50 | life
<< Over 30 I'm leaving. >>