<< mmm・・・ Happy Birthday! >>

1-4

f0080357_1453084.jpg
日本のWorld Cupが終わった。ここ、NYでは日本の敗戦は何てことの無いトピックであるが、さて日本ではどのような状況なのであろう。解説も実況ももちろん英語での放送であるし、なんと言ってもESPNが試合開始ジャストタイムで映像を切り替え(国歌斉唱さえも観れない)、終了後もあっという間に放送終了させてしまうので、Croatia戦然り、今日のBrazil戦後の中田の姿というものも、全てネットで知ることとなり、試合後のインタビューなどももちろん何も観れない。ただ、こんなふうに本当に多くの人種に囲まれた生活をしていると、日本が例え負けようが、World Cup自体をとても楽しめる。対戦相手であっても良いシュートやファインプレーであれば敵味方関係なく手を叩いて盛り上がるし、とてもNYらしい感じがする。今日も玉田の先制ゴール時に、周りはみんなBrazil応援だったと思っていた観客が凄い勢いで盛り上がっていて、私のほうが戸惑ってしまったくらい(そしてその通り殆どの人がBrazilを応援していたのだが)。学校へ行っても「それでも玉田のシュート、凄い良かったじゃん!」と色んな人に言われ、落ち込んでいた気持ちもその不思議な空気の中で次第に晴れていった。

さて、明日からはBrazil1本で応援体制に入るとする。今日は視点が日本にあったので、Brazilのプレイを存分に楽しむことはできなかったが、それでもとても印象的だったのが、ジウべウトのゴール後の笑顔。こんなに嬉しさを前面に表現されると、彼のWorld Cupへの想いというものが、並大抵の物ではないのだということに気付かされる。「監督は試合開始直前に先発だと言ってくれた。感激だった。その喜びは言葉では表せない。 」という試合後のコメントからもわかるように、この部分の気持ちが(もちろんあるのだろうけれど)、やはり日本人には足りないのか、こちら側にはやはりそこまで伝わってこないのだということを多少寂しく感じた。こんなふうに、日本から遠く離れた場所にいると、余計にそう感じる。
f0080357_14532349.jpg

[PR]
by inBrooklyn | 2006-06-23 14:57 | fabulous
<< mmm・・・ Happy Birthday! >>