<< The end of the ... Ego >>

New Circumstance

LaGuardiaでの学校生活も1ヶ月が過ぎた。ここでの学校生活は、まさに「大学生活」っぽく、学食があったり、施設が充実していたり、だんだんと心地良いものになってきた。今回のクラスメイトは、日本人5人、韓国人4人、エクアドル人2人、あとはタイ人、シンガポール人、イスラエル人、中国人、カメルーン人、クロアチア人が1人ずつという構成で、今までの語学学校の中では最多の日本人、最多のアジア圏率。私は最初からIvonaがいたので、常に彼女と休憩を過ごしたり話したり、相変わらず日本人と喋ることは殆ど無いのだが、それでも今回のクラスメイトはそれぞれに個性的で魅力的な人も多く、徐々に色んなクラスメイトと話す機会が増えている。

Level的には、Writingのクラスで私の作文が読み上げられる=やはり低いのだと思う。何人かはアクセントが強すぎて、彼らの英語が理解できない。それは彼らのSpeakingが早いとかボキャブラリーが豊富で聞き取れないということではなくて、彼らにはまだまだSpeakingの訓練が必要なのだと思われる。時々「え?これ知らないの?」と驚くことも多々あり。Readingでも他の生徒が30分かけて読んでいるところ、私は15分で終わってしまうので、残りの時間は廊下に出てお菓子を食べたり、トイレに行って時間を潰すこともしばしば。やはり私は逆境に強いというか、逆境に身を置くことを好む性格なので、このLevelだけは少し不満が残るところである。

LaGuardia大学のTOEFLスコアは450点(40points)。つまり、このLaGuardia大学付属語学学校に通うということは、根本的にはLaGuardia大学入学を目指す生徒の為の学校で、そう考えると自動的にTOEFLスコア550点(80points)を目指している私には物足りないというか、その前に何故Level7に振り分けられたのだろう?という疑問が残るのだが。朝通っている別のTOEFL学校では、やっと「出来損ない」からは脱出したが、かと言って「できる生徒」になったというわけでもない。そこでは私の作文が「素晴らしい!」と言って読み上げられることも無いし、せいぜい、「おー、大分良くなったねー、but・・・」といったところだ。周りのクラスメイトとレベルの関係で、自分の状況がこうも大きく違ってくるものなのだ。

それでも本当に1ヶ月も通えば、慣れるものだ。そういう意味ではやはり私は日本人なので、誰かと話し始めたり、特に日本人同士なんかだと、それをするのにはとても時間がかかる(これは韓国人にも見られる傾向で、私からすると韓国人も全く違う人種なのだが、やはりこのNYという場になると韓国人(最近の、と限定しておこう)と日本人は共通した部分をとても多く持つ)。NYに来た当初、友人が1人もいなくて、とにかく毎日学校に通っていた自分を懐かく思った。あの時も1ヶ月を過ぎた辺りで、Milaとお茶したりするようになったんだっけ・・・。時間と継続とは、いつだって、新境地での力強い味方となってくれるのだ。
[PR]
by inBrooklyn | 2006-10-26 15:06 | school
<< The end of the ... Ego >>