<< Office Hour Back and Forth >>

Thanksgiving Day 2006

NYのThanksgiving Dayは雨・雨・雨の、気温も5℃前後というとても寒い1日だった。張り切って朝5時起きでNY名物のMacy's Thanksgiving Day Paradeを観に行ったあの日からもう1年が経過。Thanksgiving Dayはアメリカ人にとって日本で言うところのいわゆるお正月なのだが、NYはそれぞれの人種が様々な形でこの日を過ごしているようで、オーナーの人種によって開いているお店と閉まっているお店に別れていた。私はHome Partyに2件とSPAツアー、計3箇所からお誘いを頂いていたのだが、どれも断り今年はうって変わって引きこもりの1日。それでも夜には一応鳥のから揚げなんかを珍しく作ってみたりしたのだけれど。←まずかった・・・(-_-;)

f0080357_12473212.jpg私はHome Partyというものがあまり好きではない。結局、Home PartyでもDinnerでも、"お酒を飲んで楽しむ"ということが絶対条件のようなところがあるので、お酒を飲まない私にはそういう場所は2時間で限界なのである。それでも飲み始めからしばらくは"素"のままテンションを上げることができるが、3時間目になると更にテンションが高くなっていく周りのペースに合わせるのが億劫になる。まあ、そりゃそうだ。こちとらずっと"Natural High"なのだから。私をよく知る友人は、私が「2時間で帰る」ということや、「飲みに行く」のでは無く「ご飯を食べに行く」というつまみで"定食セット"を作るというスタイルを理解してくれているが、Home Partyなんかだと知り合いも大勢いて、そうなると「帰る」ことがその場の雰囲気を壊してしまうこともある。一応私も大人なので、そういう場ではちゃんとつきあって帰らずに残ったりもする。しかし結局それは私にとってはとても疲れることで、帰れなければ帰れないほど、その"会"はとてもつまらないものになるのだ。本当に親しい人だけのHome Partyは大好きだし、そんな時は珍しくお酒も進んだりするのだが。

今まで意識したことが無かったが、私は昔から、友人から「お茶しよう」「ご飯食べよう」と言われることは沢山あるが、「飲みに行こう」と言われることは殆ど無い。そう考えると、彼らには物凄く私のスタイルを理解してもらっていたのだと思う。そういえば東京で、よく家に泊まりに来ていた友人なんかは、もう勝手に1人でお酒を買ってきて、好きに飲んでいた。なんとありがたいことか。そんな感じでやってもらえれば、私も本当に楽チンなのだけど。
[PR]
by inBrooklyn | 2006-11-25 12:52 | life
<< Office Hour Back and Forth >>