<< Me & Daddy Thanksgiving Da... >>

Office Hour

f0080357_10331044.jpg今日は相棒のIvonaが休みだったので、休憩時間を利用して行なわれているReadingの先生、Mr. Jasonのoffice hourを訪ねてみた。LaGuardiaではWriting、Reading、Listening & Speaking、Computerと4つのクラス、4人の先生から授業を受けているのだが、Jasonは1番好きな先生で、humorにあふれた魅力的なアメリカ人である。私の質問は、最近のテーマとなりつつある「FIT入学までの残りの時間をどう過ごすべきか」ということだったのだが、その前にJasonは、私には既にFITでやっていくだけの英語力がもう充分に備わっている、と助言してくれた。彼はFITでも教鞭を執っているのでFITの生徒の実態をリアルタイムで見ている。18~21歳のfashionをメジャーとする彼らは、大体が田舎出身の金持ちというfamily backgroundで、アメリカでは高校教育は他の国に比べて圧倒的に劣るということもあるが、それでも彼らの英語のスキルは酷い物だそうだ。お金を使って洋服を買いあさり、如何におしゃれをするかが彼らの日々のテーマであり、それは言い換えるならば10年前の私のことであろう。FITに入ったところで、彼らと共に授業を受けていくのは私にとっても厳しいことだと思うよ、と笑いながら言っていた。実際、TOEFLをアメリカ人が受けたら彼らに何点が取れるのか、というのはよく聞く話で、500点も難しいのではないか、というのが現状らしい。MaiがFITに入学することを切望しているのを見ると、あの学校、大したこと無いぜ、って言いたくなっちゃうけど・・・とも言っていた。

友人の卒業生からも「FITに入ることが難しい」と考える必要は無い、と言われたことがある。彼の言うところの意味もJasonの意味も、理解できることなのだが、実際私はそこに今苦しんでいるわけで。ともあれ、JasonはLaGuardia大学に春から入学できるようならば、やはり語学学校を続けるより、大学に行って、アメリカの大学がどんなものかを体験しておくのもいいことだと思うと言っていた。実際こちらのプロセスは遅く、先日admissionから手紙が来て、「freshman(新入生)では無く、transfer student(編入生)として受け入れることになるので申し込み費用があと$5足りない」とのことだった。$5送って、また返答を待つ日々。
[PR]
by inBrooklyn | 2006-11-29 10:35 | school
<< Me & Daddy Thanksgiving Da... >>