<< Life goes on 2007! >>

New Year's Vacation

f0080357_13102426.jpg新年は、1人で過ごそうとしている私を気遣って友人がアルバイト先の打ち上げからそのまま年越し蕎麦を食べに誘ってくれて、結局大勢で彼女の家に押しかけHappy New Year。30分足らずの睡眠でそのままFloridaはSt.Petersburgへ2泊3日の失恋旅行。しかしわざわざ暖かい場所を選んでFloridaにしたにもかかわらず、天候は曇りと雨。もう水着の出番は無いとあきらめていた3日目になってようやく晴れ、朝から夕方までbeachでのんびりしてNYに戻った。1975年産まれの2007年は、夏以降に運が開けて道が開けるという予想通り、今年を象徴するかのような3日間だった。それでも本当に久しぶりにゆっくりすることができたし、年末の慌しさから抜け出し訪れたFloridaはスロウで暖かくて、良かった。

旅行中、私はずっと彼とのことで頭がいっぱいだった。今までの別れ方は相手に女ができたり、「女として見れなくなった」だの、あきらめざるを得ない状況であったので、それはそれで同じ「別れ」としてもちろんつらいことだが、逆にそんな別れ方の方があきらめがついてラクなのかもしれない。年が変われば気持ちが変わる、なんてことは起こるわけが無く、未練タラタラの自分に嫌気が差した。結局私は彼に、私を突き放すようにして欲しいと頼んだ。そうでもしてもらわなければ、私はいつまで経っても彼に甘えてしまうだろうし、自分の意思だけでは気持ちの切り替えができない。keep in touch & good relationshipでいようとも話し合ったが、それができるのは遠い先のことなのだと思う。私はそんなに器用な方ではないから。
[PR]
by inBrooklyn | 2007-01-06 13:40 | life
<< Life goes on 2007! >>