<< A bunch of assi... Get rid of the ... >>

Exhausted

怒涛の1週間をようやく終えた。疲労困憊である。語学学校は1日4時間授業を受けるというのが規定で、休憩などを入れても長くて5時間拘束、というのが通常だったので、拘束時間の長さと、授業内容、宿題の量に既にパンパンなのである。火・木・金の13:00~21:30に加えて、月曜日も1時間、水曜日はFIT、そして土日は1日中アルバイトというスケジュールで、まるまる1日休みという日が無くなってしまった。22:00頃帰宅、夜ご飯を食べると知らないうちに寝てしまっていて、慌てて1:00や2:00に起きて宿題の続きをして朝方寝る、という不規則な生活になりつつある。宿題の内容は教科書のChapterを次の授業までに読んでこい、というものが殆どなのだが、そのChapterというものは、大抵1chapter40~50ページもある上に、その内容を理解して次の授業に臨めということなので、これが相当キツイ。学生時代はもっぱら一夜漬けの生活だったので、日々宿題を徐々に規定の日までにこなしていく、というスキルが私には全く無いのである。仕事で例え拘束時間が長かったとしても、残りの時間は自由だ。しかし勉強となると、残りの時間を如何にスケジューリングしていくかに全てがかかっていて、私はまだそれに慣れていない。慣れていないどころか、そんなことをやった記憶さえ無いのでコツも知らない。想像以上にハードなのである。

全ての授業に出席してみて、4クラス中、2クラスの教授は当たりだと思われる。残りの2つは多分今後睡魔か時間の経過との戦いとなりそうな予感がするが、もうクラス変更もできない。そして4クラス中、3人が黒人の教授で、それは無意味にテンションが上がった。EducatedやSkilledのパリッとした黒人が大好きなのである。彼らは無条件でかっこいいから。そして残念なことに日本人は1人もいなかった。LaGuardiaでは日本人をよく見かけるし、クラスに1~2人はいるのかと思いきや、今後はこれで授業の内容がわからなかった時は、わからないままコトが進んでしまうのである・・・。死ぬ気で頑張るしかない。言うならば、毎日が期末試験といった状態であろうか。

それでも授業の内容は楽しく、面白い。これに私の英語力が追いつけば、かなり面白く興味深いものになるのであろう。授業中の笑いも、生徒が5回笑えば、私も3回は完璧に理解して笑っている、という状態、そんなに悪くないのではないだろうか。これから3ヶ月半で、自分がどんな風に変わっていくのか、楽しみで仕方が無いのである。
[PR]
by inBrooklyn | 2007-03-11 15:36 | LaG.C.C
<< A bunch of assi... Get rid of the ... >>