<< 32nd years old Sexy >>

Shooting @ Virginia Tech University

米国史上最多の悲劇を生む銃乱射事件が起きた。NYでは昨日からどのメディアでもこの事件の報道に追われている。私はこの悲劇を帰宅と同時に母親からのメールで知り、テレビをつけて状況を把握した。とにかくいったん外に出てしまうと、周りで何が起こっているのかということが把握できない。昨日も出先で聴いたラジオで何か騒がしいことが起こっているな、という気はしたものの、瞬時に何が起こっているかということを把握するのまでの英語力は無かった。と言うよりもまさかそんなことが起こっているとは思いもしなかったのでラジオに集中することも無かった。それにしても大学構内での銃乱射となれば、何を持ってどこが安全な場所だというのか、今では学校さえもが充分に悲劇の対象となり得る場所なのである。NY市内にある大学は、IDを持たなければ校内に入ることはできないようになっていてどの入り口にもセキュリティーガードがいる。しかしこれが生徒の犯罪となれば防ぐことはできない。もっぱら今は1件目の事件後の大学の対応についてが問われ続けているが、これはもう誰もが予測できない事態であったと思う。確かにこれは人間が意図してやったことではあるが、他人がその場に居合わせてしまったかどうかということは、これもまた自然災害と同じでそれぞれの運命としか言いようが無い。銃社会アメリカ、とは言え誰も彼もが銃を持っているということではなく、他のどの国よりもアメリカ自体が今、深い悲しみに包まれている。
[PR]
by inBrooklyn | 2007-04-17 22:27 | life
<< 32nd years old Sexy >>