<< Do your work, p... This is what yo... >>

Core focus

喧嘩して、言いたいことを吐き出したらスッキリした。なんか、こんな風に自分のことばかり中心にして生きてたら、いつまで経っても結婚とか家族とかそういうのが私には訪れないのかも、と思った。これで振られちゃっても仕方が無いな、と。まず30歳で渡米を決めた時点で、もうそういうことだったんだと思うし。彼は36歳で私が35歳になるまで待っていたら40歳近くになってしまう。喧嘩した直後だから向こうが折れるような形だけど、これを納得して理解するのには彼の希望を何ひとつ組み込まないということだから、不満が増えるだけじゃないのか。まあ、後は彼が決めることだ。と言っても、どうしたって彼はアメリカ人だから、具合が悪いと言って会社を早退したらしく、なんと単純で打たれ弱い人種・・・。

なんか、難しい。みんなどのタイミングでどうやって結婚を決めたり子供を産んだりしているんだろう???子供ができるとみんな誰もが不安で、それでもおなかにいる赤ちゃんと一緒に成長しながら、親になる準備をしていく、とは聞くけれど。よくわからん。

今回は卒業前のインターンシップに向けてのcareer developmentのクラスを取っていて、今更ながら、自分探しなんかをしている。このクラスでは初歩的な自分探しから始まって、履歴書の書き方、面接の受け方諸々、アメリカ社会に対応できるようにサポートアップしてくれる。さすがアメリカ、自分探しは根っこの部分まで掘り下げるというか、何が好きで、どう生きていきたいのか、何をしている時がいちばんの幸せか、幸せとは?何がいちばん大切なのか?自己とは?アメリカとは?仕事とは?キャリアとは?を延々と追求する。私はこの授業を珍しく真面目に受けている。後半に待っている面接のビデオ録画を考えると既にどんよりしてしまうけれど、もっと今まで築き上げてきた自分に自信を持って色んなことに取り組んでいかなければ、と思う。もっとアメリカにjoinしていこう、という気持ちが出てきたのである。自分で卑下するほど、そこまでもう英語も酷くないだろうし、やっぱりもっとどんどん喋って、アメリカに食らえ着いていって、自信を着けていかないと。そうやってどんどん私自身が変わっていかないと、anthonyの言うように、重要な決断がいつまで経ってもできないのではないだろうか。まあ言い換えれば、このクラスはセラピーの一貫のようなものだ。教授のひとりひとりに対する情熱も凄く伝わってくるし、正に今の私に必要な内容。私はこのクラスで遅咲きながら、「自分探しinアメリカ」を体感しているのである。
[PR]
by inBrooklyn | 2007-09-27 14:21 | life
<< Do your work, p... This is what yo... >>