<< apartment happy happy bir... >>

black and asian

dancingから帰ってきたanthonyくんはご機嫌になっていた。朝からルンルンで「昨日は本当にありがとう!素敵な誕生日だったよおお」と繰り返し言っている。「そんな風には見えなかったよ、ってか私は疲れたし」と言うと、今日は仕事中に4,5回電話してきて同じようなことを言い続けていた。感情込めまくりで。ここまでくるともうギャグである笑。感情の起伏、激しすぎ。勘弁してください。

先日の友人の結婚パーティーでanthonyくんは大人気で、「あの人は誰?」状態になっていたのだとか。そりゃそうだ、日本人とchinese americanというアジア人だらけの場所で、anthonyくんは唯一の黒人だったから。若者の間で黒人はやっぱり大人気。昨日特注お鮨を取りに行った時にも、シェフのおばさんに「彼氏、めちゃめちゃかっこよかったね!何している人?ミュージシャン?」と言われた笑。パーティーの最中にも男女構わず色んな人に声をかけられていた(あれ?私は誰にも声をかけられなかったけど?)。NYには、黒人と日本人のカップルなんて沢山いるのだろうけれど、そういう日本人だけの集まりなんかに行けば目立つに決まっているのである。スペイン人の集まりに行った時なんかは、あのスペイン人独特の酔っ払いに絡まれ、「お前踊って見せろよ、得意だろ」なんて言われてmilaと私でヒヤリとしたこともあった。黒人と言えばミュージシャンかダンサー笑。これって世界共通の認識なのだろうか。anthonyくんはごくごく普通の、サラリーマンだ。

不思議なもので、当の本人たちは鏡でも見ない限り、肌の色の違いなんて忘れてしまう。言葉の壁も未だに多少はあるが、もう全くもって気にならない。付き合いだした当初は日本人の友人なんかの前で英語で話していることに恥ずかしさがあったりもしたが、今では普通だし、それにanthonyくんとは、英語でなければもちろん伝えあえないししっくりこない、それが日本人の友人と日本語でしっくり会話するのと同じように。
[PR]
by inBrooklyn | 2008-01-17 23:57 | love
<< apartment happy happy bir... >>