2007年 11月 22日 ( 2 )

Thanksgiving Day 2007 ①

hasanは日付が変わった12時にやっと家へ着き、自分で卵料理を作って、腕立て50回して、anthonyくんと2人で夜のmeat packingにdancingへ出かけた(って、今現在まだ1時前!すげータフ)。hasanが来るとなってanthonyくんのThanksgiving Dayへの気合も更に増して、夕方から買い物しまくり。Whole FoodsもTrader Joe'sもレジ列の最終ラインの看板を持った店員さんは何とお店の入り口に立っている。どれだけ計画性が無いんでしょ、アメリカ人って(って、私たちも立派なその1部だけど)。今日1日だけで$150以上は食材を買った気がする。「もうそれはいらないんじゃない?」とか言ってみると、「Thanksgivingがどんな日かをもっと理解しなきゃ駄目だ」と得意の説教が。え~anthonyくん。別にぃ~って感じだったじゃないの。「近づくにつれて家族のことを思い出して、ご馳走でいっぱいの食卓が恋しくなった」のだとか。冷蔵庫・冷凍庫共にパンパンである。

考えてみれば、3回目にして初めてアメリカ人と過ごす、本物のThanksgivingである。こんな前日の街の慌しい様子は、知らなかった。まるで日本の年末。就業時間も切り上げていたし、どこに行っても大きな荷物を抱える人でごった返していたし(多くの人が実家へと帰る)、案の定、hasanのflightも1時間以上遅れたし。有り得ないくらいの買い物も、もちろんanthonyくんだけではない。メモやレシピを片手に食材を選んでいる人も沢山いた。とにかく、「食う」日なのね。食って飲んでの家族とのリラックスデイ。でもやっぱりアメリカの料理は全然いただけない。ターキーとあと何?マカロニチーズとか?ケチャップこれでもかライス?全然魅力的な食卓じゃない!そう考えると、NYで良かった、日本食スーパーが無いようなアメリカの田舎にはとてもじゃないけど住めないだろうな、と再確認。やっぱり日本人は健康で長生きするわけだ。本当に。
[PR]
by inBrooklyn | 2007-11-22 15:19 | New York

My little holiday.

久々の1人での休日。私は基本、とてもlazyなので、1人の休日が好きだ。anthonyくんはとてもきちんとした人で、しかも早寝早起き。朝は常に7時前後に目覚めてしまうので(自動的に・・・彼は目覚ましを使ったことが無い)、夜dancingに行く時は、napを取って23時くらいから動き出す。どんなに遅くに帰ってきても次の日朝9時頃には起きているという驚異的な体内時計を持っている。私は土曜日しかお休みが無いので、時々このきちんとした感じにやられて寝たいだけ寝させてくれ!と、1人不機嫌になることもしばしば。なので1人の休日はこうやってのんびり昼間にblogも書いたり、ダラダラ過ごして、好きなだけゴロゴロしている。・・・と言っても明日の買出しに行かなければ!しかも急遽hasanが来ることになって、いきなりにぎやかなthanks givingになりそうだ。

ところで私は、また何となく自分の行く方向が見えてきた。ボヤーンとだけれど。最近教授なんかとも話したり、career developmentの授業を取っていることもあって、いろいろハッキリしてきた気がする。11月までには進路を決める、と断言していながら全然決められずにいたのだが、急にまたポッと、何かが明確になってきた。

あっという間に2007年も終わりに近づいてきたけれど、最近は妙な焦りも無くなってきて、それでも少しずつながら前進し続けている自分をとても楽しめている気がする。32歳、良い年齢だ。この間久々にタバコを買う時に「ID見せて」と言われ、"Oh, come on!I'm 32, mister."と返す私にすっかりアメリカ人になってきた、とanthonyくん。気付けばこのNY lifeももう3年目なのである。
[PR]
by inBrooklyn | 2007-11-22 02:44 | life