2008年 01月 03日 ( 1 )

New Year 2008.

新年明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いいたします。


2008年。私は偶数が嫌いだ。なので2008という数字も何となく嫌い。アメリカに来てからお正月をゆっくり過ごす、ということが無くなったが(学校が2日や3日からもう始まるので)、よくよく考えてみれば、日本にいた時も新年から初売りに追われてゆっくり過ごす事なんて無かった。それでも年末恒例のテレビ番組や紅白後のNHK「ゆく年くる年」なんかで年明けを体感し、元旦には初詣、という日本の伝統的な新年の迎え方はやっぱりとても神秘的で素敵なものなのではないだろうか。元旦にはお参りをしに行って、弓矢や御守りを買って、甘酒でも飲まないと、なんだかしっくりこない。一応元旦早々お雑煮を作って数の子なんかも食べてみたけれど、やはりなんら日常と大して変わらない日々。お参りして新年の祈願をしないと、なんだか気持ちが新鮮になりきらないのである。そんな感じのまま、anthonyくんは昨日からもう仕事に行っているし、私の学校も今日から始まった。

日本では今頃初売りセールや初詣なんかで街も賑わっていることだろう。ここNYは一気に街がスロウになり、色んなお店がセールをやっていると言えども、やはりholiday前の人混みに比べると本当に静かなもので、と同時にbig holidayが終わったことを感じて、どこか寂しい風景なのである。ウィンドウの飾りつけは新年を祝うものよりも、早くももうValentine’s dayに向けているものが多い。それでも日本のスーパーやレストランに行けば、門松らしきものが飾ってあったり、お正月独特の音楽(あれ、何というのだろう?三味線?)も流れているが。

と言っても、そんな私の新年祈願は何かというと、特に無かったりする。まあ、引越しをして、落ち着きたいとでも言っておこう。私はこのアパートではまだ仮住まいのような感じで暮らしているので、物がいいかげん溢れかえってきてしまっている。棚1つ買うにしても、「引越してからにしよう」と思っていたので、ダンボールの山が増える一方。独り暮らしを始めてから、落ち着いて1つのところに2年以上留まったことの無い私なのだが、そろそろ「家」というものに落ち着きたい気もする。それは結婚とかそういうものではなくて、本腰入れてアメリカで暮らしていこうという気持ちが大きくなってきたのかもしれない。さて、どうなる2008年。
[PR]
by inBrooklyn | 2008-01-03 19:35 | talk to myself