2008年 01月 16日 ( 1 )

happy happy birthday.

今日はanthonyくん37歳の誕生日。この間の結婚式で感激していた卵巻ロールや巻物を特注させて頂いて(御代は要りません、と言われた。えーん(T0T)、どうもありがとう!)、anthonyくんの大好きなローストポーク in china townも買って、友達をサプライズで呼んでおいて、友達が買って来てくれたケーキに「37」のロウソクさして・・・フルーツ盛り合わせもあったし・・・チキンにシュリンプに、ツナサラダに・・・「わーいお誕生日おめでとうー♪」ってやったんだけど、なんかいまいちだった。とっても喜んでいたけど、心は上の空?感情がこもってない感じ?anthonyくんは仕事で物凄いストレスを抱えていて、辞めたくて辞めたくて仕方が無いけれど、難関企業に絞ってapplyしているのでなかなか仕事が決まらない。それでどんよりしている日が続いて、それには波があるのだけれど、昨日からまたどんより度が急に増していたので、もしかしたらまたどこかの企業が駄目だったのかもしれない。でもこればっかは私がどうこうできることではないので、自分でコントロール、もしくは違う選択を考えて欲しいのだけれど、こういうところがアメリカ人だなーと思う。やっぱり彼らは基本、私たちより数倍も感情の表現が激しい人種なので、上がるのも強烈だけれど、落ちるのも同じくらい凄い。勝手に1人で落ちる分には構わないけれど、一緒にいるほうは1度や2度ならまだいいけれど、あまりにそれが続くと、かける言葉も無くなってくる。そんで本人も本当につらそうだから、しーん・・・って感じ。そしてanthonyくんは今何をしているかと言うと、恒例のdancingへ。これが唯一の彼の大きなストレス解消なので、dancingへ行ったら元気で帰ってくるから、これがあるだけいいのかも。

なんだか1人部屋に残って片付け諸々して落ち着いたら「友達呼ばないほうがよかったのかなー」「何か友達にも悪かったなー」とか思ってプチ落ち。って、なんでこっちが落ちなきゃいかんの!大体、友達も気にするような奴らではない。けど、この私の、人に気を使う、相手を尊重するという文化、素晴らしいけれど、アメリカ人には無駄のような気がする。しかも仕事のことで落ちられんの苦手。過去にも同じようなことが・・・あったし?うげー。やだやだ。早くhasan来ないかなー。バトンタッチ。hasanは思いつき君なので、急に今日思い立ってブラザーのためにNYに来ることにしたけれど、フライトがいっぱいで、キャンセル待ち攻撃をし続けたものの、Chicagoで足止めを食らっている。空港で寝るのか?そんなわけない、Chicago nightへ繰り出したであろう。ということは、早朝にやってくるのか。hasanのベッドを作っておいたほうがいいのか?って、私はどこまでも日本人。でもこういうの、大事だし、これから先アメリカに長くいたとしても、こういうの、大切にしときたい。えー?いや、大事でしょー。というより、これが私なんだ。

なんか今日は疲れた。あ~あ。まあいいや。もう誕生日もあと5分で終わりだし。寝て忘れよ。
[PR]
by inBrooklyn | 2008-01-16 23:50 | love