2008年 02月 09日 ( 1 )

I was so nervous...

3週間かけて充分準備に練習を重ねたpresentationは、ド緊張に終わり、情けないことに声までも震えてしまった・・・。今日は引越しの為に有給を使って休んでいたanthonyくんも、昼間練習に付き合ってくれて修正してもらったり上手い言い回しなんかも教えてもらっていたというのに、あーあ。本当はさっさといちばん最初に終わらせようと思っていたのに、他の生徒のプレゼンを聞いている間に緊張が膨らみすぎて、発表するのも最後になってしまった。内容には自信があったし、powerpointも素晴らしい仕上げになっていたというのに、やっぱり堂々とプレゼンできなきゃそれも台無しだなーと。またもやアメリカに負けてしまったの巻。introductionで私が留学生であるということ、英語が生活の中で一番の壁になっているという前置きをしたので(何しろ私の商品は翻訳コンニャクだから)、教授は"It's ok. You will be fine. Just take your time."と言って緊張しまくりの私に優しい言葉をかけてくださったけれど、自分で自分の声が震えているのがわかって、緊張度は増すばかり。タダの棒読みになってしまったし、言い忘れてしまった箇所もあったりして、帰り道も、家に着いてからも、しょぼーん・・・。思いの外クラスの反応は良くて、教授からも「素晴らしいアイデアだし、本当に良いプレゼンだったよ」と言って頂き、あるクラスメイトの女の子は帰る時にわざわざ私のところへ来て「あなたのプレゼン、とても良かったわよ」と言ってくれた(喋ったことも無いのに!)けど・・・。まあそれが救いか。他の生徒の商品は携帯バッテリーだの、アンティーク家具屋だの、カスタムメイドバッグだの、代行サービスだの・・・ってかそれ、あるじゃん!っていう感じのものばかりで、それでも堂々とプレゼンするから良いものに見えてしまったりして?うーん・・・。まあ、他人のことは置いておいて、gradeで結果を知ることになるだろう(プレゼンは50%もシェアがあるのに・・・)。まだまだ駄目だ、悔しいけれど頑張るしかない。
めちゃめちゃ疲れた心と身体に鞭打って、明日は引越し。もう朝の4時・・・。
[PR]
by inBrooklyn | 2008-02-09 04:10 | LaG.C.C