2008年 02月 27日 ( 1 )

No country for Old Men

アカデミー賞、楽しかった。NYでは20時からだったので、バイト後cabを呼んでしまった。家に帰るとオスカーdinner(ムール貝!!!)が用意されていて、アメリカではオスカーパーティーを友達や家族同士でワイワイやるのがアカデミー賞の楽しみ方らしい。と言っても私は映画好きでもなんでもない(好きだと思ったらしつこいくらい何度も観るけど)。ただのミーハー。一方anthonyくんは週末のダンシングと同じくらい、映画が大好き。頭がいいのね、色んな映画、日本語でもわからないようなやつとか、何度説明してもらったことか。なのでのっけからanthonyくんは1人でアカデミー賞当てに燃えていた。4回も観に行った"No country for Old Men"が見事、作品賞、監督賞、脚色賞、そしてJavier Bardemが助演男優賞で、4冠。さすがコーエン兄弟。

アカデミー賞、毎回観るたびに受賞者のコメントでウルウル感動してしまうのは私だけ?なんか、オーケストラによる音楽のチョイスといい、アメリカのそういうパーティーとかライブの盛り上げ方、観客の反応が好き。まあ、普段あれだけ感情の起伏が激しく生きている人種だから、そりゃ盛り上がるか笑。それにしてもかなりinternatinal色、強くなってきた。Javier Bardemはスペイン人だし、Marion Cotillardはフランス人だし、みんな英語が第2言語なのに、凄い、堂々としていて。去年の渡辺謙さんみたいに、腰が引けてない。自分の母国語も堂々と使ってたし、なんかいいね。
[PR]
by inBrooklyn | 2008-02-27 01:29 | life