カテゴリ:life( 44 )

Leaked Out

今日家に戻り、振込みをしようとモバイルバンクで口座を開いたら、なんと50万近くが見知らぬ誰かによって引き落とされていた。明細を見ると、3/29から8回にわたって「国際カード」(この記載の場合は日本以外で)で引き落としがされている。母親にその場で連絡。それから5時間あまりがたった今・・・、なんと最初の2回はタイランドで引き落とされていたことがわかった。しかも3000円が2回ずつ。残りの6回は¥85,367とかそういう端数表示で、毎回そのあたりの金額なので、アメリカだとにらんでいるのだが(アメリカでは1回の引き落としMaxが$800ところが多く、しかも1回おろすと同じ銀行ではもう次の日にならないとおろせない)、さて、どこで被害にあっているのか。情報漏洩により、私以外にも沢山の被害者が只今続出中の日本、のはず。

凄い世の中。
[PR]
by inBrooklyn | 2006-04-06 15:36 | life

Summer Time

f0080357_15594931.jpgSummer Timeが始まり、2日の午前2時(夜中)に1時間自動的に繰り上がり午前3時へ。日曜日は13時からの"Step Challenging"クラスを受けるつもりが、このSummer Timeのことをすっかり忘れており、友人からの電話でクラスにはもう間に合わないことに気付く。最近日曜日はGymに通っている。私が入会したGymはYMCA経営のGym、そして今は全てに学割が利くので、費用も毎月たったの$33。YMCAということで、NYのお洒落Gymとは程遠いが、運動ができればそれで良い。日曜日もすがすがしい快晴で、ビーサンどころか早くもタンクトップで過ごす。Gymの後レモネードが、とても美味しい。これだけ気温が上がると、vacationを取って、どこかへ行って、ゆっくりしたい。変わらず、金曜日に学校が終わると物凄い疲労感に襲われ、最近では土曜日の朝に起きることがかなり苦痛になり、先週は寝坊して1時間以上もアルバイトに遅刻してしまった。日曜日もGymに通い始めたので1日中ゆっくりと家で爆睡することもできない。しかし、冬の間に肥えた身体を鍛えなおす為に、Gymに通い、体力を回復させなければ。勉強・アルバイト・Gymと過密スケジュールにすればするほど、1日1日があっという間に過ぎていく。NYも、もうすぐで9ヶ月目。あと3週間弱で学校もお終い。
[PR]
by inBrooklyn | 2006-04-03 16:05 | life

Make friends

f0080357_731548.jpg最近アルバイト先の男の子と、日本食スーパーに行ったり、Gymに行ったりするようになった。彼は同い年で誕生日も3日違い、NYに来た時期も同じで、アルバイトを始めた時期も同じ、という沢山の共通点があったので、仲良くなるのも他の人より少しだけ早かったような気がする。あとはやはり同じ時期にNYに来て、経験や不安の度合いが一緒だということも大きいし、それから、彼とは貧乏具合も一致しているので、どこかへ出かけるにしても、価値観が一緒で更に無理が無く、気を張ることも無く、極貧コンビなりのNYの楽しみ方を開発しているところ。それから、TOEFLクラスに移って1~2週間が経ち、クラスメイトで唯一の日本人の男の子とも最近話しをするようになった。彼は大学院を目指し2年半前にNYにやってきて、今はグラフィックデザイナーとしての職をpaid internshipで得られそうな段階らしい。この学校に通う日本人は大抵の人が他にメジャーを持ち、学校には殆ど来ないので、彼は初めて見る私以外の毎日出席している日本人。彼にとっても私が毎日顔を合わせる初めての日本人。彼がクラスにいると、何故かとても安堵感を覚える私。

共通点が1つでもあれば、友人になるのは同性よりも異性の方が確実に早い気がする。女性は仲良くなるまで、とにかく気を使うので、時間がかかる。学生の頃も、異性と友人になるのはとても早かったように思う。彼氏と同棲なんかをするようになってからは、彼らと時間を共にする機会が減ってしまっていたので、今のこの感覚がなんとなく懐かしく、いいものだなあと再認識している。もちろん、時間をかけて友人になった女性とのgirl's talkも大好きだが、やはりメンズはとにかく、楽でいい。
[PR]
by inBrooklyn | 2006-03-14 07:08 | life

Difficult Tasks

f0080357_125157.jpg洗濯。NYでは建物の種類によって決まりのようなものがあって、とりあえず私の住むアパートには洗濯機を置いてはいけないことになっている。つまり洗濯は昭和初期の時代のように、コインランドリーへ行かなければならない。そしてこれは決まりごとではないとは思うのだが、洗濯物を外に干すという習慣がアメリカには無いらしく、全て乾燥機で済ませる。つまり、洗濯と乾燥のダブルの作業をしなければならない。大体街中至る所、1ブロックごとにはLaundromat(コインランドリー屋さん)があるのだが、私の住むアパートからは2ブロック。これがなんとも微妙な距離で、歩くと5分程度なのだが、重い洗濯物を担いでLaundromatに毎週行かなければならないとなると、とても億劫。しかも洗濯が40分、乾燥が60分という微妙な時間設定もあって、2時間の間にアパートとLaundromatの3往復。近所のおばちゃんたちはそこでギャハハと笑いながらテレビを観て、洗濯・乾燥の作業が終わるのを気長に待っているのだが、そのテレビ番組はSpanishかChinese。運悪く混んでいる時間なんかに出くわそう物ならば、4往復、5往復しなければならない時もある。マシーンがボロく、1時間後に取りに行ったらビチョビチョで何も乾いておらず、「おじちゃん、私quarter(25セント)6枚も入れたんだけど、エラーになってるよ!」「いや、そんなはずは無い、お金を入れてないんだろう!」「25セントごときでケチるかよ!」と喧嘩をするも、Chinese-Englishで何を言っているのかさっぱりわからず、「ちくしょー!!!」と独りで叫ぶことも。そんな感じなので、最近では2週間・3週間と洗濯をしない日が続くこともあったりして、もうどうしようもない状態にまでいかないと洗濯をしようという気が起こらない、なんとも汚い生活。

それから、Bath room。私はBath roomだけ1階の住人とシェアをしているのだが、今の住人は男性2人。使用していない時にはドアを開けておくルールになっているので、ドアが閉まっていれば、しばらく待つという仕組。しかしこれが朝の通学前に重なったりすると、かなりイラつく。私のスケジュールは、朝8:30には家を出なければならないので、大体7:30過ぎからはBath roomを使用する。彼らが普段どんなスケジュールなのかは知らないのだが、時々この朝の7:30~8:30の間に使用中の場合があり、特に7:45や8:00頃に起きてしまって(ただ単に遅くおきる私が悪いのだが)、この状態だったりすると本当にイラつきがMAXになり、やはりここでも「あいつ、うぜ~んだよ!」と独り叫ぶ私。そして掃除。週1回、3人交代制で掃除をしなければならないのだが、とりあえず、陰毛が多すぎる。そして便器の汚れ。床に飛び散っている彼らのpee。何故奴らのpeeを私が拭かなければならないのか、何故奴らの陰毛を私が拾わなければいけないのか(私はニューヨーカーを見習ってカットしているので私の陰毛が落ちていることは無いのだ!)。3週間に1回の掃除とはいえ、本当に気持ちが悪く、面倒くさく、とても嫌なこと。
[PR]
by inBrooklyn | 2006-03-08 12:06 | life