<   2006年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

I love you.

そうこうしているうちに、気付けば彼と知り合ってからもう1年以上が経った。彼と一緒にいるようになった頃は、なんとなく、まあいっかというような感じで、私にしてはとても珍しい形の付き合い方だった。それが知らないうちに大事な人に変わっていて、私自身がそのことに気付いたのは、日本に一時帰国する時だった。アメリカでは軽くお付き合いすることを"Date"と言い、それはよりフリーな関係上の付き合いで、お互いもそこまで執着しあわないというもの。そして"Committed Relation"というものがあり、これは1対1の真剣な交際となる。日本とは少し感覚が違って、Committed Relationになるには双方も慎重になるし、私達の年代ともなるとやはり結婚も考える。この2つの違いをもっとわかりやすく言うと、"I love you."を言うか言わないかで、アメリカ人といえば"I love you."を連発しているようなイメージがあったのだが、この言葉は私が考えていた以上に彼らにとってはとても深い意味の言葉らしい。日本で私は普通に「愛してる」という言葉を使っていたと思うし、そこまで意味を考えて使っていたわけでもないと思う。まあ、私は常に120%で人を好きになっていたので、愛していると思うのにも時間はかからなかった訳なのだが。NYに来て、こんな意味を知ってから、私と彼はどちらかというと"Date"に近い関係だと思っていた。私も彼も今のステイタスを確立することが先決で、特に彼の場合はGreen Card取得という果てしなく遠い夢を成就させなければならない。私も大学入学という目標を掲げている限り、彼との将来がどうこうよりも、とにかく自分の目標を達成させたい。つまり、私達にとって未来や結婚というものは今現在において、想像さえもできない。

ところが最近彼が「毎日会いたくなってきてて、やばい」というようなことを言い出し、とうとう"I love you."が解禁になった。彼が「やばい」というのは、やはり彼は移民で、抱えている物が多く、私のようなお気楽学生ではないので、恋愛に現を抜かして今やるべきことができなくなることを恐れているのだ。まあ、そうは言っても私達はもう充分に大人だとも思う。彼はこのまま邁進し続けるだろうし、来年には偽造結婚の計画もあるし(Green Card取得の為)、何かコトが上手くいかなくなったら、その時に2人で考えればいいのでは、と思っている。

今までの恋愛で、私は見事に「女として見れなくなった」というセリフを言われ続けてきたのだが、彼の中にはまず「女として見れない」というカテゴリーが無い。私は「女」以外の何者でもなく、それは全ての小さなことから始まる。事実として私が「女」である以上、彼は私をLady Firstで常にサーブするし、サポートする。もともとそういう文化を持って生まれている以上、私が「女」でなくなることは無いのかもしれない、と思う。昨日会っていても、今日もHugしてKissして「会いたかったよー」「大好きだよー」から始まる。それがずっと続いている。こういう行為は、普通に女として、とても嬉しい。そしてそれを自然にできることが素晴らしい。そういえば、日本に一時帰国した際に、男性の友人とお茶した時など、一歩下がってドアが開くのを待ったりしている自分がいて、「あ。自分で開けなきゃだ、日本だわ、ここ」と何度も思ったものだった。かといって、今更日本の文化をどうこう言うつもりも無く、ただ、単純に欧米の文化は私にとって、とても気持ちよく、嬉しいものなのである。彼らのそういう行為が、私を「女」として継続させてくれているのかもしれない。それと同じように、"I love you."という言葉は、想像以上にとても嬉しく、深く、重みのある言葉だった。
[PR]
by inBrooklyn | 2006-08-26 14:52 | love

Usher in CHICAGO!

f0080357_1274546.jpgトニー賞受賞作で、ミュージカルの神様と称される振付・演出家ボブ・フォッシーの名作、"CHICAGO"にR&Bのsuperstar、Usherが8/22にデビュー。この日のNYは、あのUsherの初Broadwayデビューというニュースで、朝からテレビでも話題となった。私はこの情報を1ヶ月前に入手し、もちろん、22日の初日舞台のチケットを購入。後ろの席でもBroadwayにしては$88という高額な値段だったが、それでも生Usherを拝めるのならば。ということで、夜の街、Times Squareで久々のミュージカルを満喫した。単純にUsherの生歌・生ダンスに興奮して、初日ということもあってオーディエンスのボルテージも最高潮で、本当に楽しかった。Usherは弁護士Billy役。今回のCHICAGOはVelma役も黒人女優、ママ役ももちろん、多くの黒人舞台ダンサーの活躍が目立っていた。

NYの夏はイベント尽くしで、Brooklynの公園でたったの$35でQueen LatifahとErykah Baduが同時に観れたり、Virgin MegastoreのライブゲストがOUTCASTだったり、こうしてUsherの初舞台にも普通に行けるし、この秋にはなんとあのA Tribe Called Questが再結成ライブを敢行するという話だし、そのゲストの規模が物凄い。そしてみんな気取らず、どこにでも顔を出す。ハーレムのクラブでQ-TipがDJをしていたり、なんというか、彼らのスタンスは日本のそれとは全然違う。

そうは言っても、私はこのNYのエンターテイメントをそんなに満喫していない。もちろんお金も無いし、日にちのタイミングが合わなかったりと色々あるのだが、やはりNYに「住んでいる」ということで、「まあ次でいっか」となる。NYに住んでいる以上はいくらでもこのようなチャンスがあるので、そのイベントに行くことに必死になったりしない。この多くの素晴らしい機会が、ここNYでは日常なのである。
[PR]
by inBrooklyn | 2006-08-24 12:26 | fabulous

72points

7月の終わりに受けたTOEFLは残念な結果となった。大学1年生の時に受けたTOEFLスコアは450点。当時奨学金を貰った友人のスコアが510点だった。今回の私のスコアは72point、旧式TOEFLに換算すると525点と、当時よりははるかに上のスコアを取ることができたのだが、それでもFITの要求は80points(550点)。前回わけもわからぬまま受けたTOEFLよりは、何ができて、何ができなかったかを把握することができたのだが、それでも良くできたと思ったWritingも20points。満点には10pointsも足りない。そして想像通り、Hunterではまったくと言っていいほど勉強する機会に恵まれなかったSpeakingとListeningは前回よりスコアが下がってしまった。

これで来年1月の入学はほぼ不可能となった。書類の締め切り日は10/1なのだが、とにかくTOEFLの席に空きが無く、なんとか取れた次の受験日は9/23だが、結果が出るまでに3週間かかってしまう。駄目もとで受けてはみるが、私のメジャーは1番人気のメジャーで、10/1の時点で書類が揃っていない人は選考対象外になってしまう。遅れて書類が揃った時にはもう私の入れるスペースは無いだろう。この、「席に空きが無い」、「TOEFLを受けるまでに2ヶ月も3ヶ月もかかってしまう」という問題は、新しいInternet-Based TOEFLの欠点だといわれているが、それでもアメリカは全てがこのIBTになってしまっている。その辺を大学側が考慮してくれる余地もあるのだが、1番人気メジャーの応募者は、当然のように550点相当の結果を出していることだろう。

今回の結果によって、年齢的な焦りと、金銭的不安から、精神的に落ち着かない日々が続いた。しかしあがいたところで結果は変わらないし、それでも時間だけはあっという間に過ぎていく。このBlogでも、ずっとNYに来てからの勉強の日々を綴っているわけなのだが、本当に、思うようには英語が身に付かず、自分でも想像していた以上に最後のハードルがかなり高く、そしてここまでくると、この先もこの英語力はずっと変わらないのではないか、という気さえする。そして新しいことを覚えれば覚えるほど、以前勉強したことを忘れてしまうのだ。Speakingにおいても質の高いそれを要求されているということもあるのかもしれないが、とにかく自分でも悔しいほどに喋れない。質問が「電車と飛行機、あなたはどちらで旅行するのが好きですか?」という、日本語にしなくとも英語でもとても簡単な質問だったりするのだが、それでも「飛行機が好き」で「力強くサポートできる2つの理由」、「15秒で考え」、「45秒で話す」となると、自分の語学力の弱さ、そして想像力の欠如を痛感する。要は、なんだっていいのだ。忠実に自分の思いをそこで話す必要は無く、私が「飛行機」だと思っても「電車」の方がサポートアイデアが簡単尚且つ説得力のあるものならば、「電車」について語ればよい。しかしお題を出され、15秒でそのアイデアをまとめるという所でまずつまづいてしまう。練習あるのみだ、と言うが、同じ問題が本番でも出題されるわけではない。それでも練習に練習、勉強に勉強を重ねれば、この無理難題もクリアできるようになるのであろうか。そして一方で、こんな簡単なお題に答えられない自分に愕然とするのである。
[PR]
by inBrooklyn | 2006-08-22 13:47 | study

You Tube

最近すっかりBlogをサボリ気味になってしまった。すっかり夏の雰囲気が終わってしまったNYは、日が落ちる時間も少し早くなり、なんとなく秋の気配すら漂っている。私自身の生活は本当に単調で、変わったことと言えば、TOEFLの問題がスラスラと解けるようになってきたことくらいであろうか。

そして実は最近You Tubeにはまってしまい、加えて言うならKAT-TUNの亀梨和也くんにもはまりつつあり(完全におばちゃん現象。昔はおばちゃんジャニーズファンを醜いなあなどと思ったりしていたのだが、すっかり私もその一味になってしまった・・・)、You Tubeをあさりまくっている。Manhattanでは日本のレンタルDVD屋も充実しており、2,3日遅れでも最近の日本のドラマやバラエティー、音楽番組を手にすることができる。レンタルは面倒くさいので、私達はドラマが終わった頃にまとめて$20前後で売り出す「ドラマセット」を購入していたのだが、このYou Tubeの出現でDVD購入さえも必要が無くなってきた。夜まで図書館で過ごし、夜23時頃からまずいなあーと思いながらも観始めたらもう止まらない。3時・4時までと果てしなく続き、寝不足の日々。
[PR]
by inBrooklyn | 2006-08-17 10:59 | life

Next Stage

f0080357_13384195.jpg今週のNYは先週の猛暑で一気に夏を謳歌したかのように、おとなしい天候に変わった。しかし街全体は夏休み感たっぷりで、毎日通うTimes Squareは観光客で常に賑わっており、逆に地元Brooklynのアルバイト先は閑散としている。私は9月末まで夏休みだというのに、昼間2時間はエクストラの学校に通う日々。最近は面白いように問題が解けるようになってきて、学校も更に楽しくなり、TOEFLに明け暮れている。

語学学校に通いだし、丸1年が経過した。私の解釈では、アメリカにある語学学校とはやはり大学進学を目指すための予備校的なもので、生徒はもちろん私のような英語を母国語としない人で構成されている。つまり語学学校に通い続けるということは、アメリカ人と知り合い・触れ合う機会には殆ど恵まれず、友人もいわゆる「外国人」で構成されるので、「本場の英語」に辿り着くことはない。プラスある程度上のレベルになると、そこから先はどこの学校へ行っても内容に大差は無く、結局のところ、大学に行くレベルまで辿り着けばそれ以上のものは語学学校からは得られない。そしてFITもTOEFLの点数がパスしたからといって確実に入学できるわけではない。来年以降の進路を考え、いわゆる「スベリ止め」的な大学を探し始めたところ、今のTOEFLスコアでも入学できる大学はNYにも沢山あり、この秋からの身の振り方を少し間違えたような気がした。知人に、「とにかく大学に入っちゃったほうが良い」というようなアドバイスを以前受けたことがあるのだが、その時点ではその意味がまだわからずにいた。当時はまだTOEFLクラスの2つ手前のレベルに在籍していたし、そこで精一杯で、大学に行くという意味がまだつかめずにいた。

語学学校と大学では天と地ほど内容が違うであろう。それが例えTOEFLレベルの低い設定をしている大学でも、そこは正に「ザ・アメリカ」で、新しいチャレンジが待っているのだと思う。やはりNYにいる以上は、自分で自分のケツを叩き、常にチャレンジ精神を持って物事に取り組むことが必要だ。ここでは、何かに慣れてしまってはいけないような気がする。私は多分、もう次のステージに行くべきなのだろう。とは言っても、申し込みは半年前。どうあがいても、来年からの入学になってしまうが、とにかく第1志望のFITには入れなかったとしても、絶対に大学生になる。
[PR]
by inBrooklyn | 2006-08-10 13:43 | talk to myself

Public Pool

火曜・水曜で終わると思った100°越えが今日も続き、朝起きると冷蔵庫がいかれていた。日曜日に大量にスーパーで買い物をしたばかりだったので、食料が大打撃を受ける。NYではアパートを借りる時には基本的に冷蔵庫が付属品として付いているので、日本のように冷蔵庫を買う必要が無い。冷蔵庫も込みの家賃が発生しているので、この分は大家に請求できる。

f0080357_918263.jpg8月に入った途端に猛暑の日々が続き、昨日はさすがに暑すぎたので、勉強をサボって市民プールに行った。East River沿いにあるAstoria ParkはQueensにあり、Manhattanからは地下鉄で20分程。ここはNYにも数多くあるPublic Parkのなかでも特に大きな公園の1つで、プールも大きく、使用料金も無料。加えて夏休みということもあって、プールには一体何種類の人種がいるのだろうか、というくらいの混み様で、開園から1時間ほどであっという間に汚染だらけのプール水となっていた。特に黒人のエクステンションが束で取れてしまったものがあちこちに浮遊しており、身体に他人の毛が絡まってくる。プールをあきらめて日焼けしようにも地面は熱でヒートアップしており、結局噴水のコーナーで水浴びをして終わった。それでも充分身体は生き返り、帰りは日本らしく、ラーメンと餃子を食べた。

今回はPublicということもあって、本当に様々なルーツを持つ人たちと触れ合う機会に恵まれたのだが、特に黒人(多くはラティーノ・カリビアンと推測される)の母親たちの癇癪の酷さに、ただただ呆然とする私であった。子供に向かっても普通にbad wordsを使い、その声量も半端じゃない。それに慣れてしまっている子供たちも、特に泣きだすというわけでもなく、平然と聞いている。入り口が狭く、みんなが押し合い圧し合いしていると"Let me get in first!Animals!"と叫ぶ母親。訳すと、「このメス豚どもが!あたしが先なのよ!」といった具合だろうか(もちろんそう叫ぶお母ちゃん、あなたのその巨体こそが紛れも無いメス豚そのものです)。あああ・・・。こういう光景は、街中でも見かけることがある。しかし、昨日のプールは70%位の割合で黒人で、次から次へとそんな癇癪の塊たちが叫びだし、なんともうるさく、騒々しいプールであった。イントネーションが少し違うので(私は彼らのそれがとても好きなのだが、練習してもなかなか彼らのようにはならない)、bad wordsを言うと外見にも増して更に迫力が出る。更衣室にいたっては、女囚人刑務所の例えが1番ふさわしいであろう。彼らの子供たちは、カラフルな水着がとても似合うso sweetなkidsなのだが、何年後にかはあんなお母ちゃんたちになっていってしまうのであろうか?何故ゆえにああもすぐキレテしまうのか?彼らの中では、我慢という言葉は存在しないのであろう。
[PR]
by inBrooklyn | 2006-08-04 04:38 | New York

Over 100 degrees Fahrenheit

Oh my god!只今気温は、40℃近く。先日も華氏102°(摂氏38℃)の日があり、QueensのAstoriaという以前私が住んでいたエリアはBlack out(停電)した。復旧にも何日か掛かったというのに、今日明日の気温の上昇でまたもやBlack outの警告が出ている。NYは自然災害にとても弱い。豪雨があると、地下が浸水するし、気温が上がれば電力がはじける。浸水や電力不足では交通機関も麻痺し、それに加えて最近では落雷に当たって命を落とす人まで続出している。この暑さは異常気象なのか、去年の冬も暖冬であったし、最近では今までの常識が覆される自然現象が多発している。私の家は半地下なので幸か不幸かこれだけ外の気温が上がっていても、冷房いらずの扇風機のみ。
[PR]
by inBrooklyn | 2006-08-02 04:53 | New York