<   2007年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

A Happy Wedding Day!

f0080357_17541828.jpg

Though I can not be there with you,
I'm sending you all my wishes.

May your wedding day be
the new beginning of an everlasting happiness!

Congratulations!





多分彼との出会いはもう5年前位になるのであろう。いや、もっとか。アルバイトの面接に来た彼を私は一発で気に入った。それでも1度目のその機会は無能な上司によって却下され、それから1年ほど経ったある日、その彼が再度また応募をしてきているという話を聞く。「お久しぶりです」そんな挨拶から始まった2度目の面接で私は勿論彼を採用した。私は彼の持ち前の明るさと情の深さがとても好きだった。仕事以外の色んな話を沢山したし、彼女がいない彼の誕生日を2人きりでお祝いしたり、クリスマスイブに2人きりで働いたり、そんな思い出ばかりが残っている。そんなある日、彼は瀕死の交通事故にあった。2週間近く生死をさまよい、なんとか集中治療室を出た彼を待っていたのは約2年近いリハビリとの戦いであった。しかし彼は決してめげることなく、地方のリハビリセンター生活にも耐え、私がNYに旅立つ直前に、なんとか社会復帰した。今でこそ御茶ノ水の病院が懐かしく思えるが、当時は何をするにも同意書が必要だったり、会社の対応が非常極まりなかったり、彼のお母様の顔や、色んなことが本当に信じられなかった。そんな彼に半年ほど前に彼女ができたという吉報を耳にし、ほほう、とまるで母親のような気持ちでいたのが、今年に入って突然のメールで、なんと彼は彼女と結婚することにしたという。

私の中で完全に彼と結婚は無縁だったというか、彼は長い間彼女がいなかった上にその事故のこともあったので、やっと普通の生活に戻れたということ、彼女ができたということで、私は未だに彼の再出発を喜び、まだまだスタート地点に立っているものばかりだと思っていた。しかし確実に時は過ぎていたのだ。今まで本当に色んな友人の結婚報告を聞いてきたが、彼の結婚報告は一際胸にドシンと響くものがあった。フラッシュバックのように事故当時の記憶がよみがえり、本当に、あそこからよくここまで再起したものだと、1人、感動に包まれた。人間の生きる力、生命のパワーとは本当に素晴らしいものである。とにかく、「おめでとう」の一言に尽きる本日、2007年3月25日。結婚おめでとう。
[PR]
by inBrooklyn | 2007-03-25 18:30 | soulmates

A New Issue

最近、英語で喋ることが少なくなった。クラスメイトが一気にアメリカ人に変わったことによって、喋ることを躊躇してしまう。間違っているんじゃないか、返事が上手く返せない、など沢山の不安要素とこの根っからの日本人気質が加わって、授業中の発言もほぼしていない。しかも彼との日々の会話もなくなってしまったので、恐ろしいくらい英語での会話の量が減ってしまった。オウ・・・。新たなる課題。友人と恋人を作らなければ。そう、春は別れの季節であると共に、出会いの季節でもある。それよりも、早く春が来て欲しいのだが。今年からSummer timeが3週間も早く繰り上がったというのに、NYは先週末も雪が降っていた。
[PR]
by inBrooklyn | 2007-03-21 15:59 | life

Speak out ②

LaGuardiaに通い始めてまだ2週間だが、将来の選択について、自分の目指すゴールが一体どこにあるのかがいまいちわからなくなってきた。ここ1年近く、目標をFITに見据えて頑張ってきたのだが、卒業後の仕事として考え始めると、ビジネス経営を学んでいくべきなのではないか、という思いが出てきたのである。FITはFashionだけに限られてしまうが、ビジネス経営は仕事の幅がもっと広がる。逆に言えば、ビジネス経営を学び終わってもFashionへの道は閉ざされない。・・・と色々思いを巡らせるようになったのに加えて、親の援助の下にこの学生生活が成り立っていること、諸々色んなことを含めて、もっと確実な将来設計をしなければいけないのではないかという焦りが出てきた。今月で兄がとうとう長かった学生生活に終止符を打つらしく、なんと大学院を首席で卒業という快挙を成し遂げたらしい。親も援助した甲斐があるというものだ(それにしても一体彼は何年間大学院生活を送っていたのだろう?)。私はこれだけ援助をしてもらって、兄のような結果を果たして出せるのだろうか。そして私はその結果を仕事に必ず結び付けたい。目先の目標ではなく、"仕事に就く"という、NYに来た頃には想像もできなかった大学卒業後の目標設定を考え始めるようになったのだ。そうなると今後の進路をもっと慎重に考えなければならない。FITなのか?ビジネス大学なのか?あと何年この学生生活を続けるのか?いつまでNYにいるのか?仕事はアメリカでみつけたいのか?日本にはいつ帰るのか?結婚は?妊娠は?

考え出すと問題が山積みで、白髪が増える一方だ。先日父とNYで再会した時に、「まあ、好きなことをやっていきなさい」というありがたすぎる言葉を頂いたが、かと言って30過ぎの私が、その言葉にいつまでも甘え続ける、というわけにもいかず、そろそろせめて期間だけでも決めなくては。私はNYに行く、と決めた時には半年ほどで帰国する予定だった。それでも多くの友人に「そんなこと言って4年くらい行ってそう」「そのまま帰って来なさそう」などと言われ、実際今の私はいつ日本に帰国するのかどころか、どうなっていくのかさえわからない状態だ。日本にいた頃に比べると、ここではそれなりに毎日を一生懸命生きているとは思うが、そろそろ最終ゴールを定めていかないと、とヒシと感じるようになってきた。なぜなら、あまりにも早く時が経ってしまい、気付けば32歳まで1ヶ月を切ってしまったからなのである。32歳って・・・。早い。早すぎる。
[PR]
by inBrooklyn | 2007-03-20 16:37 | talk to myself

Why I'm like this?

春風にやられて人恋しくなっていた次の日には氷点下&雪(むしろ吹雪)。またもやダウンとスノーブーツに身を包んで。こんな激しい気温差でよく風邪を引かないものだ。成長。Collegeが始まってからは信じられないくらい速いスピードで1日1日が過ぎていくようになった。忙しく、充実しているということだろう。だんだんクラスメイトとも話をするようになってきたし、教授や授業の進み具合の特徴なんかもつかめてきて、今後の1週間の過ごし方のスケジューリングも見えてきた。あれだけ冷や汗をかきながら受けていたアメリカ人との授業も、今に至っては授業中にホットドッグを食べたりしている。レコーダーを買うか買わないかでさんざん迷っていたのに、既にもう普通に授業を受けている自分がいる。自分のことなので良くわからないけれど、私はもしかしたら適応力に長けているのかもしれない。

空き時間に校内のカフェテリアで勉強をしていたら、昨日友人の友達で同じCollege生、日本人、ということで少しだけ話をした男の子が「どうも」と言ってやってきた。まあ、いいんだけど。同時にちょっと「うわー」と思う自分がいて。それでまあ、世間話をする、一応。それでも私は基本、喋りたくはない。2人しかいないので喋るしかないから喋るけれど、皮肉なことに、この喋りは長年の接客で鍛えた、上辺でありながらも質の高いものなってしまうのである。案の定、「いいねーまいちゃん、面白いねー」とか言ってる。そうこうしているうちに「あ、もう授業始まっちゃうよ、ごめんね邪魔して」と言われ時計を見るともう既に17:30。2時間もこの人に費やしてしまって、この時間で予習しようと思っていたビジネス法が・・・。私は彼と話をしている間、時間が気になって仕方が無かった。それでも携帯を見るという行為ができなかった。これも完全に職業病だ。相手に失礼な素振りはできないのである。とりあえず、授業の前にシガーを・・・と思い「じゃあ」と言うと、「電話番号教えてよ」と。「あ、はい!!!」ってその「はい!!!」がカフェテリア中に響き渡っちゃって、(うわーなんで電話番号教えなきゃいけないんだよー、そんで一緒に勉強しようとか言われんのかなー、もう金曜日ここで勉強できないじゃーん・・・)と言う心の声がすべてその「はい!!!」に込められちゃって、もうそれはそれはでかい声で。

日本人同士、電話番号を交換するというのはよくある話で、やっぱり何かの時に頼りになるし安心もできる。ということでこの行為は何の意味も無いことなのだが、それでも嫌だと思う自分がいる。私は相手が日本人であっても、かなり親しくなるまでは電話番号もめったに聞かない。日本人を避けているわけではないのだが、日本人でも外国人でも、自分から聞くという時はある程度の関係が築かれている時だけだ。なんで会って2日で電話番号を聞いてくるのだろう?何の用があるというのだ?

それにしても私は何でこうなんだろう?喋って相手に気に入られると、それでこうガッと人の領域に入ってこようとするのが見えるので、それが見えた時点で「うわー嫌だ」と思ってしまう。お店でお客さんに電話番号を聞かれる時の気持ちと一緒。「お前勘違いするなよー、客だからニコニコ面白い話してるってだけだろーがー」と何度思ったことか。それでも勘違いヤローは性懲りも無く電話やメールを本当にしてきたりしたものだ。・・・でもそれはメンズに限られる。っていうことは単に好みか好みじゃないかの違い?魅力的でカッコいい人に電話番号を聞かれた日には、ドキドキして「えー・・・♪」みたいな。・・・結局、そういうことなのか?そういえば、彼が来る前に、前の時間で同じ授業を受けていた黒人のお兄さんが隣に座って「君もまだ授業あるの?」と聞かれた時には、嬉しくてノリノリで喋ってたわ。それでもプロの接客を極めた私は、嫌だと思っていても嬉しい時と同じくらいの笑顔で最高のパフォーマンスを提供してしまうのである・・・。
[PR]
by inBrooklyn | 2007-03-17 17:56 | LaG.C.C

A bunch of assignments

f0080357_154526.jpg3クラスの宿題の締め切りが全て火曜日となってしまい、結局月曜日は午後から最後の追い込みに入ったが莫大な量の宿題は終わらず、夜中過ぎてからもコーヒーを飲み続けたが、朝6時に力尽きる。授業の空き時間なども使って何とか全ての宿題を終わらせて授業に臨むと、宿題は提出しなくていいとのこと、一瞬気が抜けそうになったが、それでも授業の内容は勿論勉強したことなので、普通に理解できている自分がいて、達成感を感じた。しかしこれで終わったとホッとする暇など無く、来週の火曜日までにまた同じ量の宿題が出されているし、その前に金曜日の"Business Law"のクラスまでにchapter1&2をまた同じように読破しておかなければならない。アメリカの大学は「入るのは簡単、入ってからは地獄」と言われているが、全くその通りでこの地獄の日々はまだ始まったばかり。

生徒個人個人がそれぞれのスケジュールを組んでいるので、1クラスずつそれぞれ別の生徒で構成されており、日本の大学のように同じ学部だからスケジュールもほぼ一緒、次は3時間空くから学食で一緒にご飯を食べよう、みたいな仲間をみつけることはほぼ不可能なようだ。加えて、ニューヨーカーは本当に忙しい。授業が終わると同時に早足で別の場所へ移動していく。それでも授業が既に3,4回行なわれて、大体それぞれが座る席というのも確立されつつあり、多分今後はその席の近い人同士自動的に話す機会も増えてきて、親しくなっていったりするのであろうと思うが。私にできることは、とにかく毎日授業に出て、顔見知りを増やしていくこと、just as what I've done when I came to NYC.
[PR]
by inBrooklyn | 2007-03-14 14:53 | LaG.C.C

Exhausted

怒涛の1週間をようやく終えた。疲労困憊である。語学学校は1日4時間授業を受けるというのが規定で、休憩などを入れても長くて5時間拘束、というのが通常だったので、拘束時間の長さと、授業内容、宿題の量に既にパンパンなのである。火・木・金の13:00~21:30に加えて、月曜日も1時間、水曜日はFIT、そして土日は1日中アルバイトというスケジュールで、まるまる1日休みという日が無くなってしまった。22:00頃帰宅、夜ご飯を食べると知らないうちに寝てしまっていて、慌てて1:00や2:00に起きて宿題の続きをして朝方寝る、という不規則な生活になりつつある。宿題の内容は教科書のChapterを次の授業までに読んでこい、というものが殆どなのだが、そのChapterというものは、大抵1chapter40~50ページもある上に、その内容を理解して次の授業に臨めということなので、これが相当キツイ。学生時代はもっぱら一夜漬けの生活だったので、日々宿題を徐々に規定の日までにこなしていく、というスキルが私には全く無いのである。仕事で例え拘束時間が長かったとしても、残りの時間は自由だ。しかし勉強となると、残りの時間を如何にスケジューリングしていくかに全てがかかっていて、私はまだそれに慣れていない。慣れていないどころか、そんなことをやった記憶さえ無いのでコツも知らない。想像以上にハードなのである。

全ての授業に出席してみて、4クラス中、2クラスの教授は当たりだと思われる。残りの2つは多分今後睡魔か時間の経過との戦いとなりそうな予感がするが、もうクラス変更もできない。そして4クラス中、3人が黒人の教授で、それは無意味にテンションが上がった。EducatedやSkilledのパリッとした黒人が大好きなのである。彼らは無条件でかっこいいから。そして残念なことに日本人は1人もいなかった。LaGuardiaでは日本人をよく見かけるし、クラスに1~2人はいるのかと思いきや、今後はこれで授業の内容がわからなかった時は、わからないままコトが進んでしまうのである・・・。死ぬ気で頑張るしかない。言うならば、毎日が期末試験といった状態であろうか。

それでも授業の内容は楽しく、面白い。これに私の英語力が追いつけば、かなり面白く興味深いものになるのであろう。授業中の笑いも、生徒が5回笑えば、私も3回は完璧に理解して笑っている、という状態、そんなに悪くないのではないだろうか。これから3ヶ月半で、自分がどんな風に変わっていくのか、楽しみで仕方が無いのである。
[PR]
by inBrooklyn | 2007-03-11 15:36 | LaG.C.C

Get rid of the depression

わかりやすいくらい単純に、Collegeが始まると共に、depressionたるものから開放された。会計学の教授が初日の授業で、「恋愛のことで悩んでいる暇は無い。結婚している人は相手にこの数ヶ月間のことをとことん理解してもらえ、とにかく勉強してdegreeを取れ」と説いたように、その通りになった。少し前にプライドが傷つくちょっとした出来事があり、しかしそれが私の中で決定打となって、その後も彼が普通に電話をしてきた時には初めて怒りが湧いてきた。これ以上意味が無いことを続けても無駄なのである。と、恋愛(別れ)において初めて自分の方からそう思えたのかもしれない。別れに対しては常にpassiveだったから。あとは1日も早く、NYが春を迎えてくれれば。春めいた気候になりつつあったのだが、最近はまたもや氷点下を切る日々で(今現在も-10℃前後)、雪も降ったり止んだりしている。あともう少しの辛抱。暖かくなれば、もっと開放されていく。

私はこのspring semesterが終了する頃には、今までのような「なんだか良くわからないけれど・・・」という感触ではなく、小さくても自分自身が前進したと思える結果になるように取り組んでいきたい。そしてまだ始まったばかりではあるが、ビジネス学は、Collegeは、なかなかおもしろい。

"Success is a journey, not a destination."
[PR]
by inBrooklyn | 2007-03-09 16:47 | talk to myself

Yo, what's up what's up?

今週からいよいよCollege lifeが始まった。授業は思っていたより難しくなく、それでも宿題の量は噂どおり半端な量ではない。スケジュールは火曜・木曜・金曜に集中させたため、この3日間は13:00~21:30までCollegeにいることになる。ESLでこの校舎に慣れていたせいか、FITの授業より緊張度も低い。4クラス中、日本人がいたのは1クラスだけだったが、International studentsの数も1クラスに10人ほどいて、安心感もある。それでもやはりNativeの生徒の発言が聞き取りにくいので、隣に座っている生徒に話しかけられても50%くらいしかわからない。NYは英語のアクセントが多すぎる。黒人率も高い学校なので先生以外の彼らの発音はSlang混じりで本当に難しく、そしてニューヨーカーは、とにかく喋りが早い。授業どうこうよりもグループワークを好むアメリカンスタイルでの他の生徒とのcommunicationが難しくて仕方が無い。今日は加えて20歳の黒人男子2人と私の3人のグループになってしまって、何度か聞きなおしたり、もっとゆっくり喋って欲しいと言ってみたりはしたのだが、それでもわからなかったので途中からもう参加はあきらめた。私の言っていることは通じていて、聞き直されることも無かったのだが、っていうか20歳って・・・。めちゃめちゃ"Yo, bro!"なノリなのである。帰りにはBro.だけが交わすことができるかっこいい握手もしてたし。ヨーメーン!若いのである・・・。お互いに紹介文を書かなければいけなかったので、逆に彼らは私の年齢についてamazing!と綴っていたが。20歳の彼らに「Mai、若いよー」と言われても嬉しくもなんとも無いのである。
3........1st until my next birthday.(my favorite phrase from Million Dollar Baby)
[PR]
by inBrooklyn | 2007-03-07 15:47 | LaG.C.C

A Year

f0080357_17312758.jpg

It's been a year since I moved this exciting blog.
I appriciate that you guys always support and keep in touch with me through this blog.

Thank you for being such a sweet presence in my life.


Spring is right ahead, and
wishing you a wonderful blooming season.
[PR]
by inBrooklyn | 2007-03-02 17:48 | soulmates

Speak out ①

最近自分のことについて考える機会が増えて、kind of depressionなのかもしれない。まずは未だに彼とのことが大きく私の心を占めている。別れると決めてからだらだら2ヶ月も経過してしまい、それからの私と言えば、ちっとも成長していない。お互いに想う気持ちが逆に膨れ上がってしまい、Back and forth。それでも決定打となる出来事が起こり、私はようやく自分のプライドを取り返した。そして私は色々なことを、ここがNYだから、ということを理由にしていたが、それだけではなくて、年齢のことも大きくaffectしているのだということに気付いた。31歳とは本当に微妙な年齢である。今回の彼の選択はただ単にGreen cardが欲しいということではなくて、全ては子供の為だけにやっていることだから、そこを言われると、子供がいない私にでも、それがthe best wayなのだということに無条件でagreeできた。

私には、子供も、伴侶もいない。それでもこの年齢で、多くの友人が「家庭」というものを築き、宝物の「子供」を授かっていくということを目の当たりにしてきて、そういう色んなことを私なりに体感した上で彼の子供のことを考えれば、自然と涙も出てきてしまうくらい。一方で、何かの理由で子供を出されるとなんとも耐え難い屈辱のようなものも同時に味わう。私には自分の命と引き換えにできるほどの、宝物は無い。こういったnegativeな考えは独りになる度に今までもさんざん味わってきて、やたらとカップルに目がいって、「なんでこいつらはつきあっているんだろう?」とか、「何でこいつに彼氏がいるんだろう?」と思ってみたり。それがここに来て「私は伴侶とこの先出会えるのだろうか?」「子供を産むことはできるのだろうか?」など、特に本当に素敵なパパや旦那さんを見た時など、そのヴォルテージはmaxとなり、「Why(何故)?」そして「How(どうやって)?」といった疑問にまで発展。これは同い年の男性の友人でさえも私と全く同じようなことを感じ始めているという。「うわー、うちら本当にもう31歳なんだね(T-T)」という現実。今すぐに結婚したい、ということではなくて、自分の将来に対し、不安要素が増えていくのである。

若い頃には、そんな悩みや不安はどこにも無かった。でも今は、結婚しているかしていないか、そして子供がいるかいないかによって同じ31歳でも、本当に違うlifeが繰り広げられている。そして多分、日々子供の世話に追われ、自分の時間というものが全く持てなかったり、とにかく家族を養うために日々働く同世代からすると、30歳でNYに渡り、学生を始めた私のどこかfreedomな生き方を羨ましいと思うのかもしれない。結局のところ、互いに無い者ねだりだったりするわけで。でもそれほどまでにくっきりと31歳同士の人生が分かれているというか。そういう部分を痛切に感じるようになってきた私は、子供のことを出されたら、もう無条件降伏するしかないというか。

そして、何故こんなことを考えるようになったのかと言えば、単純明快。別れを迎えたからである笑。自分が幸せな時には、この現実を何とも思わないどころか、freedomな恋愛を大いに楽しめる。まあ、要はそんなところだ。それでも次は一応、結婚を考えられるか考えられないか、子供がいるかいないか、を考慮して相手を選ぼうと思う。1度恋に落ちてしまったら、きっとそんなことはどうでもよくなってしまうのだろうが。・・・続く。
[PR]
by inBrooklyn | 2007-03-02 17:27 | talk to myself