<   2007年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Summer Semester

Summer Semesterは期間も6週間と短くて、しかしその間に通常3ヶ月近くかけて受ける授業をこなす、という内容なので、クラスの数は少なくでも1つの授業の回数は多く、といった具合で構成されている。私は、今回は夏だし、college生活にも慣れてきたということで、必修科目の他に、個人的に興味があるクラスも取ってみた。その1つが"Introduction to the Bilingual"で、丁度L.A.で友人が今後のベビたちの教育について悩んでいたことや、ゆくゆくの自分をも含めた今後目の当たりにするだろうと思われることにも役立つのではないかと思っている。Bilingualとは「2言語を併用する」という意味なのだが、定義によると私も立派なBilingualに属するらしい。どうも日本語でのイメージはもっとeducateされてる人に使われる言葉の響きが大きいのだが、「2言語を全く同等に扱える」ということでもないらしい。例えば読み・書きができなくとも、1つの言語を話せて、もう1つの言語の読み・書き・話し・聞きができればそれもBilingualに属する。New YorkはBilingualの人口がとても多く、それは両親がinterracial marriageというパターンや移民というパターン、と色んな要素があるのだが、特に多いのがHispanic系で、スペイン語と英語を話す子供。次に多いのが中国語と英語、韓国語と英語、ロシア語と英語、ポーランド語と英語・・・など、さすがNew York。言わばBilingalなんて何も珍しいことではなく、至って普通のこと。私がここで英語を一生懸命学んでいることなんてたいしたことではない。みんな普通にそういう環境で生まれ育っている。

そう思うと、日本は本当に独特の、単一民族の、「島国」なのだと改めて感じる。でもそれが当たり前の環境であった私にとっては、こうして一歩外に出ると色んなことが覆されるし、もちろん日本のそういう文化を愛おしく感じることもある。とにかく外に出なければ気付けなかったことが多すぎて、それだけでも英語を学ぶ以前に、私の人生と教養の幅が広がって、意味があるというものだ。

私はとにかくnative speaker並に英語を話せるようになりたいのだが(ボキャブラリーではなく、発音)、30年も日本語だけで生きてきた私にとってどうやらそれは不可能に近く、まずは口周りの骨格や筋肉がもう日本語専用になってしまっている。彼らの発音に近づけるには口を横に思いっきり広げることから始めなければいけないのだが、まずはその「思いっきり横に広げて話す」という行為に抵抗がある。自然にできればそれに越したことは無いのだが、もう小さくモゴモゴと話す、という習慣が身についている私にとってはわざと口を広げるということが難関だし、恥ずかしいのだ。そしてなるべくクールに、がかっこいいと信じる私は大げさな行為というものが嫌いだ。笑った状態で英語を話すのが1番の近道なのだが。まあ、少しづつ自然にできるようになれば、と思いながら・・・。きっとこの授業が終了するころには他の方法も習得していることだろう。
[PR]
by inBrooklyn | 2007-06-30 00:42 | LaG.C.C

There he goes!

f0080357_13355373.jpgいよいよanthonyの弟が夏からNYにmove inすることになり、先週末からアパートを探しに来ていた。田舎から東京に出てくるようなものだろう、住みたい場所はManhattanが一望できるBrooklynのDUMBO(Down Under the Manhattan Bridge Overpass)という比較的新しいエリアでyuppieばかりが住む、言わば若者憧れのエリア。家賃もstudioで$2,000~というから東京都心よりも高額かもしれない。さて、この高額をどう払っていき続けるのか、そんな高額を出してまで本当にDUMBOに住むのか、兄や姉というよりむしろ親のようになっているanthonyと私は、彼の今後がとても楽しみなのである。身体をマッスルだらけにすることに夢中・プロテイン命、そして身体の全てをspiritualからも綺麗にすると言ってsex断ちをしている(前回は3ヶ月しかもたなかった笑)Hasanは27歳。Welcome to the N.Y.C!夏からまた1人仲間が増えて楽しくなりそうだ。

anthonyと私はどうやら大人のカップルのようだ。まあどうやらも何も、36歳と32歳だからどこからどう見ても大人なのだが。どうも私がそういう事実を忘れがちである。本人からも「お前はもう充分大人なんだからそういう態度はやめろ」と言われることもある。はて、大人とは・・・。最近はムカつくことがあると日本語で文句を言うようになってきた。昨日も「うるさーい!うるさい!うるさい!」と地下鉄の駅で叫んでいると私の言葉に反応する日本人がチラホラいて笑っていた。でもだって、本当にうるさい。学校も始まって、アメリカ人ってばやっぱり「俺が俺が」、「私が私が」でほんと------にうるさい。他人を尊重する、という好意を知らないのだろうか。奴らのしょーもない所は、言葉ではでかいことをいくらでも言うくせに、行動が伴わないあたり。"respect"という言葉はしょっちゅう聞くけど、それを行為で表すことができる奴は残念ながらそういない。それでもこんなのを観ると、アメリカ大好きと思わずにはいられないのだが。
[PR]
by inBrooklyn | 2007-06-29 13:53 | New York

What I think about,

2週間のvacationはあっという間に過ぎて、今日からSummer Semesterが始まった。私はこの短い2週間で色んなことを経験し、体感し、色んなことを考えた。NY生活まる2年を目の前にして、とてもいい機会だったと思う。

そんな時期に心友とも再会して、本当の意味でのリラックスもできた。私はやっぱり心友が恋しい。もっともっとここで感じる日々の色んな出来事を、友人とシェアしたい。そう思うとなんだかとてももったいない事をしているような気もするが、かと言ってそれだけで日本に帰ろうとも思わない。私はNYに行くと決めた時点で既にストイックに生きる道を選んだのだと思う。敢えて友人を作らない、というわけではないが、やはりここで心の友を作るのは難しい。そう思えた瞬間に帰国があったり、環境が変わったり、相変わらず、人との出会いと別れが秒刻みで訪れているような気がする。そんな私への吉報はNYの心の友が9月に戻ってくることだ。結婚を前提とした渡米なので、可能な限りNYにいることになるだろう彼女の再渡米は私にとってこの上なく嬉しく、そして安堵感もあり、9月が待ち遠しくて仕方が無い。そしてL.A訪問で強く感じたことは、どんなに離れ続けていても頑張って連絡を取り続けること。努力すること。彼女や彼らに何が起こっているかにちゃんとcatch upしていくこと。

f0080357_10544476.jpg

[PR]
by inBrooklyn | 2007-06-26 10:55 | soulmates

DJ Spinna

f0080357_2182071.jpgNYの夏はイベントが沢山。Brooklynの公園やクラブ、あちこちで気持ち良いグルーブのパーティーが行われる。今年はなんてったってanthonyがいるので2人で色んなパーティーにいけるといい。昨日は私が日本にいた時から大好きだったDJ SpinnaがMotown onlyの選曲でスピンするということで、珍しく私のほうがanthonyを誘ってBrooklynのクラブへ行く。最後のvacationだし♪Motown、こうして改めて聴くと最高。名曲揃い。しかも新旧問わずスピンするSpinnaの選曲の良さもあって、踊っていない人はいなかったのでは。私は相変わらず安上がりでコロナ1杯だけで真っ赤になって踊った、大好きな曲がかかりまくりで、そうやってanthonyと一緒に踊ることはとても楽しかった。彼はさすが、イントロだけで誰の曲かが全部わかるし、う~ん、さすが。何歳になってもmusicとdanceを愛してやまないのだろう。そして何より、近所に散歩に出かける感じで、家からバスに乗ってクラブまで行けて、そこでは色んな人種の人たちがSpinnaの音で踊っているというこの環境がやっぱりNYだなあ、と改めて感動。楽しい夏になるといい。

久々に聴いて、とてもsweetな気分になったDeBargeの名曲、Stay with Me
[PR]
by inBrooklyn | 2007-06-24 02:21 | fabulous

Hermosa Beach

f0080357_21412194.jpgSpring semesterとSummer semesterの短い休みを使って、大好きなfamilyが住むL.Aへ飛ぶ。今回の訪問は念願も念願で、私が今こうしてNYにいるのも、彼らがいるL.Aへ3年前に訪れたことがきっかけだった。留学を決めた当初もL.AにするかNYにするかでかなり悩み、結局"M"気質の私は敢えて誰も知り合いがいないNYに留学することにしたのだが。毎回vacationがある度にL.Aへの旅を企画しては駄目になり、そんなことを繰り返していたらあっという間に2年半の歳月が経ってしまっていた。旅、と言っても私も今はアメリカにいるし、L.Aにあるものはもう私にとってはそう珍しくも無く、ただただ、彼らと時間を共有したい、とそれだけのこと。それでも東海岸の果てのNYと西海岸の果てL.Aではflightも5時間以上かかるし、チケットもそこそこの値段がする、気軽に遊びに行ける環境ではない、ちょっとした贅沢な訪問であって。それでも私はボーっと、彼らの普通の日常に参加するだけで良かった。Babyたちと一緒に起きて、一緒に寝て、彼らを観察しながら合間を縫ってママとのトーク。お天気が良ければ大好きなbeachへ行ってBabyと砂浜を走る。それで良い。適当~に過ごす。好きなように生きる。それでこそvacation。

"Mommy~, we made a Cinderella's castle!"
Luna and Mai
@Hermosa Beach, in L.A, California. June 18th, 2007
[PR]
by inBrooklyn | 2007-06-20 22:08 | day off

Sweet Sisters

She's already been mature for her age...
She knows everything!

Luna, 3 years and 6 months.
in L.A, California. June 15th, 2007

f0080357_9464287.jpg
[PR]
by inBrooklyn | 2007-06-19 09:55 | day off

What a Sunny Day!

She is just beautiful...

May, 14 months
in L.A, California, June 16th, 2007

f0080357_125922.jpg
[PR]
by inBrooklyn | 2007-06-17 12:10 | day off

Final

今日、Accountingのファイナルを受けて、無事にspring semesterが終了!はー。お疲れ様・・・。FITとは違って何もかもが初めての領域のクラスだったので、なかなか苦労も多かったけれど、逆にそれがおもしろくもあって、こうして終わってみるととても楽しかったと思える。とにかく今日から2週間弱は、休みを満喫したい!!!

まずはのんびりカフェにでも行って、この間anthonyが買ってくれたmy Year of Meatsを読む。それから、忙しすぎて考えることも無かったけれど、もうすぐで2年が経つし、今後の自分、ってものももう1回考えてみたい。spring semesterが終わったところで以前と何の変化も無いけれど、まあ、ゆっくり、ボーっとしながら、32歳について考えてみるのもいいだろう。そして、大好きな人たちに会えればいい。
[PR]
by inBrooklyn | 2007-06-08 13:06 | LaG.C.C

The end of the spring semester

今週はfinalが同じ日に2つも重なり、久々のMemorial Holidayの2連休も勉強に費やした。明日のAccountingⅠでspring semesterの授業も終了、残りAccountingⅠのfinalを来週受けたら全てが終了。今日はIntroduction to Businessのfinalの結果がもう貰えるということで最後のextra creditのレポートを持参してclassに行くと、finalの結果は91点だった。この授業は夜の20時からということもあって生徒の殆どが社会人で、彼らはAmerican Businessの基礎を殆ど知っているのでそれに伴って授業内容も少し難しかったのだが、それでも頑張って何とか付いていった。教授が最後に「日本人1人だったのに良く頑張った」と個人的にお褒めの言葉をいただき、私の勉強に対するモチベーションも更に上がった。本当に良く頑張った。

あっという間のspring semester。気付けば明日からはもう6月である。今は私の大・大・大好きなさくらんぼの季節で、頑張った私はまだ少しだけ値が高いさくらんぼをご褒美に買ってもらっている、ホクホクの日々。
[PR]
by inBrooklyn | 2007-06-01 11:15 | LaG.C.C