<   2007年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

My Granpa.

先日母からのメールで、祖母がとうとうケアハウスにいられなくなるということだった。どうやら内科の検診を5月から受けていなかったらしく、降圧剤を飲むのをやめてしまい、手足が動かなくなってトイレが間に合わなくなっていたとのこと。それを隣の部屋に住む祖父がケアしていたという事態。加えてボケも悪化していたので、基本、健康な老人しか受け付けないそのケアハウスに関しては、もう随分前からカウントダウンが始まっていた。祖父は何も問題が無いのでそのままそこに残り、祖母はもっと管理の行き届いた病院併設のケアハウスに移ることになる。さて、彼らは90歳にして初めて別々の場所で暮らすことになるのである。

そうは言っても祖父母はラブラブな祖父母でもなく、お互いにどこか距離を保っているのが孫から見てもわかるような、どこか自立した2人であった。2人共長いこと教職に就いていたし、その年金がそれぞれの収入にあり、持ち家もあったし、お金に困っていることは一切無かった。戦後の中での見合い結婚であるから、私には想像できない世界であるが、それでも1人1人が何歳になっても凛として立っている感じが私はとても好きだった。祖母の信仰する宗教の関係で手術を拒んだ彼女が足を不自由にし、生活がとても不便になりケアハウスに入居することを決めたのはもう7年前くらいであろうか。すこぶる健康だった祖父も、何も言わずに覚悟を決めて祖母と共にそのケアハウスに入居することに同意した。と言っても1人1部屋ずつ、隣同士で暮らし、ご飯は一緒に食べ、他の時間は自分の趣味に費やすという意味では以前と変わりないスタイルであった。祖母は私が物心ついた時から既にその宗教に没頭していたし、祖父は映画と本、そして最新電化製品を愛してやまず、英語を勉強し続け、夏は登山、冬はスキーに夢中であった。祖父は祖母の宗教に一切関わらなかったし、祖母は祖父について登山やスキーをするわけでもなかった。そんな2人は、とにかくご飯だけを一緒に、朝・昼・晩と、とにかくご飯を一緒に食べていた。2人だけの時にどんな会話がなされていたのかは、もちろん知らないけれど、私はその、ご飯を一緒に食べるという行為に、とても意味があるような気がしていた。

ボケが進んでいる祖母のことはあまり心配していない。それよりも、健康で、長い間祖母の面倒を見てきた祖父のことが心配だ。これからご飯を1人で食べるのか。ケアハウスの中には祖父のファンクラブもあるというくらいだから、祖母がいなくなっても一緒にご飯を食べるガールフレンドがいるといい。最近、祖父のことがとても気になる。アメリカで産まれ、この地で15歳まで過ごした祖父は、90歳の今も英語でハリーポッターを読んでいる。家族の誰1人として興味が無いアメリカに私が今こうして渡っているということが、どこかで何かが祖父と私の間で繋がっているような気がしてならない。そういうのを一切信じない私なのだけれど。
[PR]
by inBrooklyn | 2007-11-30 00:01 | talk to myself

Thanksgiving Day 2007 ②

Thanksgiving当日は朝起きるともうanthonyくんがクッキングをしている!昨日夜遊びに行って、5時頃帰ってきたというのに・・・。まだ寝起きの私に「マイは早く春巻き作んないとだよ!」と。はああ。Thanksgivingは前日から仕込みして、朝からとにかく料理をするらしい。mashed poteto, seafood stew, greens, salad, turkey, そして春巻き・・・。ダイニングテーブルぎっしりの料理たちは15時には全て完了。食べる食べるの巻。anthonyくんとhasanはプラスピタパンとロール。私はもちろん白米を加えて。美味しく美味しく頂いた。その名も"Japanese-Soul Fusion"らしい笑。満腹の3人は17時に就寝。20時過ぎに目覚め、彼らはまたもやナイトクルージングへ。

私は最近この3人で一緒にいると、まるで家族と一緒にいるように感じる。それぞれが色んな事情で家族と過ごせないこの日に、こうして3人が一緒に過ごせることに感謝、と食事前には手を握り合ってanthonyくんin chargeのお祈りも行なわれて、更にそう感じた。素敵。私もこれでアメリカの仲間入りだ。

と思っていたのもつかの間、マイケル・ムーアの"sicko"(アメリカの医療制度に迫った映画)を観ていたら、アメリカに住み続けることに不安を感じてしまいイギリスかフランスに移住したいと思って友人に聞くと、フランスも医療費がタダになるには物凄い金額の税金を払っているのだとか。結局どこもそんな感じで、国によって税金の使い方が違うっていうだけか。最近住み慣れてきて、アメリカの色々な局面を知る余裕が出てきた。知れば知るほどなんだか恐ろしい国だけれど。
[PR]
by inBrooklyn | 2007-11-26 12:48 | New York

Thanksgiving Day 2007 ①

hasanは日付が変わった12時にやっと家へ着き、自分で卵料理を作って、腕立て50回して、anthonyくんと2人で夜のmeat packingにdancingへ出かけた(って、今現在まだ1時前!すげータフ)。hasanが来るとなってanthonyくんのThanksgiving Dayへの気合も更に増して、夕方から買い物しまくり。Whole FoodsもTrader Joe'sもレジ列の最終ラインの看板を持った店員さんは何とお店の入り口に立っている。どれだけ計画性が無いんでしょ、アメリカ人って(って、私たちも立派なその1部だけど)。今日1日だけで$150以上は食材を買った気がする。「もうそれはいらないんじゃない?」とか言ってみると、「Thanksgivingがどんな日かをもっと理解しなきゃ駄目だ」と得意の説教が。え~anthonyくん。別にぃ~って感じだったじゃないの。「近づくにつれて家族のことを思い出して、ご馳走でいっぱいの食卓が恋しくなった」のだとか。冷蔵庫・冷凍庫共にパンパンである。

考えてみれば、3回目にして初めてアメリカ人と過ごす、本物のThanksgivingである。こんな前日の街の慌しい様子は、知らなかった。まるで日本の年末。就業時間も切り上げていたし、どこに行っても大きな荷物を抱える人でごった返していたし(多くの人が実家へと帰る)、案の定、hasanのflightも1時間以上遅れたし。有り得ないくらいの買い物も、もちろんanthonyくんだけではない。メモやレシピを片手に食材を選んでいる人も沢山いた。とにかく、「食う」日なのね。食って飲んでの家族とのリラックスデイ。でもやっぱりアメリカの料理は全然いただけない。ターキーとあと何?マカロニチーズとか?ケチャップこれでもかライス?全然魅力的な食卓じゃない!そう考えると、NYで良かった、日本食スーパーが無いようなアメリカの田舎にはとてもじゃないけど住めないだろうな、と再確認。やっぱり日本人は健康で長生きするわけだ。本当に。
[PR]
by inBrooklyn | 2007-11-22 15:19 | New York

My little holiday.

久々の1人での休日。私は基本、とてもlazyなので、1人の休日が好きだ。anthonyくんはとてもきちんとした人で、しかも早寝早起き。朝は常に7時前後に目覚めてしまうので(自動的に・・・彼は目覚ましを使ったことが無い)、夜dancingに行く時は、napを取って23時くらいから動き出す。どんなに遅くに帰ってきても次の日朝9時頃には起きているという驚異的な体内時計を持っている。私は土曜日しかお休みが無いので、時々このきちんとした感じにやられて寝たいだけ寝させてくれ!と、1人不機嫌になることもしばしば。なので1人の休日はこうやってのんびり昼間にblogも書いたり、ダラダラ過ごして、好きなだけゴロゴロしている。・・・と言っても明日の買出しに行かなければ!しかも急遽hasanが来ることになって、いきなりにぎやかなthanks givingになりそうだ。

ところで私は、また何となく自分の行く方向が見えてきた。ボヤーンとだけれど。最近教授なんかとも話したり、career developmentの授業を取っていることもあって、いろいろハッキリしてきた気がする。11月までには進路を決める、と断言していながら全然決められずにいたのだが、急にまたポッと、何かが明確になってきた。

あっという間に2007年も終わりに近づいてきたけれど、最近は妙な焦りも無くなってきて、それでも少しずつながら前進し続けている自分をとても楽しめている気がする。32歳、良い年齢だ。この間久々にタバコを買う時に「ID見せて」と言われ、"Oh, come on!I'm 32, mister."と返す私にすっかりアメリカ人になってきた、とanthonyくん。気付けばこのNY lifeももう3年目なのである。
[PR]
by inBrooklyn | 2007-11-22 02:44 | life

Happy Holiday!

f0080357_13305822.jpg



Hope your holiday is as special as you are!





今週は木曜日がThanks Giving Dayなので学校も今日をもってHoliday weekに突入。街中がholidayモードで本当にキラキラし始めて、Union Squareの恒例のクリスマスモールも登場。同時に気温も最近ぐっと下がってきてしまったけれど、それでも私はやっぱりこのholiday seasonが大好きだ。さて私のThanks Givingと言えば、2年前はMacy'sのパレードを見に行って、1年前は引きこもり。3回目の今年は家でヌクヌクお料理dayになりそうだ。まず私はTurkeyが嫌いなので、2人が大好きなものを作るということで、seafood stewと得意の春巻き?

anthonyくんは先週からこのNYのholidayモードにやられてややホームシック気味。やっぱりそういうものなのか、アンチ・アメリカイベントのはずだったのに笑?バイトでもアメリカ人のワガママが炸裂中で、holiday前に髪の毛を切りたい人が続出中。でももう遅い、予約は既に埋まってしまっている。それでも自分だけは特別な客だと大きな勘違いをしてしまっている彼らは、「何とか私をさせてよ!」となかなかひかない。しかし私のholiday対応も「お~始まったな~selfishめ!」と、もう手馴れたもんだ。「だって私は水曜日の昼過ぎにはcityを出なきゃだからどうしても火曜までに髪を切りたいのよ!」「仕事が本当に忙しくて、電話する暇も無かったのよ!」と延々と訴え続ける彼らに、笑顔で「来週末はいかがですか?」なんて言ってのけている。まあ、それほど彼らにとってThanks Givingは大切な日なのであろう。家族が揃う、幸せなholidayだ。私は学校が5連休!と喜んでいたのもつかの間、普通にバイトが入っているのである(金・日)T-T。

again, wishing you peace and good will in this holiday season.
[PR]
by inBrooklyn | 2007-11-21 13:18 | life

Wonder-Full Night!

f0080357_114043.jpg

It was just a wonder-full night!
We kept dancing all night long.
That's why I love NY.

Stevie Wonder MSG Afterparty @rebel nightclub in Manhattan, NY.

and・・・Stevie Wonder & DJ Spina!
f0080357_11365823.jpg
[PR]
by inBrooklyn | 2007-11-21 11:44 | fabulous

Japanese culture

うざいクラスメートが多いAccountingのクラスで、私は韓国人の女の子2人と何となく隣同士になっていて、グループワークなんかもその2人はマナーをわきまえているので気持ちよく一緒にやっていたら、その内の1人はなんと日本で生まれて10歳まで目黒に住んでいたと言っていた。そういうのも関係するのか?私は彼女のマナーがとても好きなのである。ちゃんと距離を置くというか、日本人の対人マナーってやっぱり素晴らしいと思う。同じアジア人でももちろん基本的にはやっぱりそれぞれ違う。私が行きつけのネイルサロンは韓国人経営で、そこではとにかく他のメニューをガンガン勧めてくる。今日も「waxingって幾ら?」と聞いただけの女の子の腕の毛をいきなり「イグジャンポー」(example:試しにやっとくわ)と言って勝手にビリっとやっていた笑。「何するの?痛いよ」と言っているのにもう「イグジャンポー」の連発でオシ通す。さすがである(ちなみに韓国人はザ・ジ・ズ・ゼ・ゾの発音が上手くできない。かずえ、という名前はかじゅえ、よってイグジャンポー)。私も以前同じ質問をした時に、勝手に洋服の中に手を突っ込まれて腋毛の確認をされた。こういうのは、日本人には絶対に有り得ない事だと思う。

先日紀伊国屋に行った時、レジ担当の子がアメリカ人だった。その子は流暢な日本語を話し、「タイヘンオマタセイタッシマシタ」「9ドル、オアヅカリシマース」「アリガトウゴザイマシター」と日本語どころか態度までがペコペコしていて、anthonyくんはビックリ。「日本で生まれ育ったのですか?」と思わず聞いてしまった私達。しかし彼は生粋のニューヨーカーであった。それならば何故あんな風に態度まで日本人っぽくなっているのであろうか?もちろん紀伊国屋で働くにあたって、日本人対応の研修たるものも受けていると思うが、あんな風にペコペコする必要はあるのだろうか?う~ん、謎・・・。私としては、そのお客様対応の日本語を話したとしても、なんというか、彼にはもっと堂々としていて欲しかったのである。日本人がそういう態度をとるのは普通だしそれにも慣れているけれど、それがアメリカ人になった途端、違和感を覚える私。だってなんかチープに見える。余計なお世話だけれど。

と、日本人のマナーを他人にも求めるくせに、アメリカ人の日本人ップリに違和感を覚えるという、何とも矛盾した話なのだが。うーん。なんて言っていいのかわからないけれど。
[PR]
by inBrooklyn | 2007-11-13 11:23 | New York

Good bye my best friend!!!

彼女のことは常に肌身離さずどこへ行くのにも一緒、このNY lifeが始まったその瞬間からずーっと一緒だった私の大親友と、とうとうここでお別れだ。友人や学校の先生にまで、「親友といい加減バイバイしろ」と言われ続けてきたけれど、とにかく私には彼女が必要だった。彼女無しではこの生活も成り立たなかったであろう、電子辞書。映画を観ている最中にわからない単語を調べようと思って開くと、彼女の液晶画面の所々が真っ黒になっている!!!そういえば朝起きたときに何か踏んだ、でもCDだと思ってたけど・・・。だって。ガーン・・・。NYには紀伊国屋と旭日屋、そしてBOOK OFFまである。電子辞書ももちろん扱っていたけれど、しょぼいのしかなかったので、来週一時帰国する友人に買ってきてもらうよう、お願いした。あまりにもお世話になっていた電子辞書なので、使い物にならなくなっているのに何となくゴミ箱に捨てれずにいる。

基本的に、学校で電子辞書たるものを使っている人種というのは日本人と韓国人(たまに中国人もいる)だけだ。語学学校でも大学でも「何それ?」「うおー辞書だ、さすがジャパン!」と何度驚かれたことか。辞書を引くのがいい、という意見もあるが、その辞書がまるごと入っているのだから電子辞書の何が悪い?なんと便利な世の中になったことか。薄いページをチマチマめくる作業が減るだけでもどれだけ時間の節約になっていることか。私は、「英語を日本語に訳す」という作業が英語がいちばん頭に入る覚え方だと自負しているので、何度先生に辞書を引くなと言われても頑なに辞書を引き続けていた。特に語学学校時代は先生に辞書を奪い取られるほどで、英語は英語で覚えろというのが彼の教えだったのだが、おばちゃんの脳はもう老朽化が始まっていて、英語で覚えることはできてもその単語自体が「ふわ~ん」としてしまって、「しっくり」こないのである。例えばratioという単語。英語だと"a relationship between two amounts, represented by a pair of numbers showing how much bigger one amount is than the other"という説明だが、日本語にすれば「比率」。おばちゃんの脳ではこの英語の文章が日本語の「比率」という単語の意味に繋がるまでに、かなりの時間がかかってしまうのである。そして何よりも分厚い辞書を持ち歩く必要が無い。しかも和英・英和だけではなく、英英・広辞苑・7カ国語会話・健康・医学・マナーなどなど、何機能もあの薄っぺらい中につまっているのである。

ネットで電子辞書を調べたら、彼らは更なる進化を遂げていた。カラー画面なんてのもある。とにかく彼女は良く頑張ってくれた。本当に本当にお世話になりました。ありがとう。壊してしまって本当に申し訳ない、本当に残念だけれど、ここでお別れです。

anthonyくんは昨日紀伊国屋の帰りに「辞書壊しちゃったから」と言ってブーツを買ってくれたのに、今日もまたサプライズでマフラーを買ってくれていた。わーい。
[PR]
by inBrooklyn | 2007-11-12 12:33 | life

Winter has come!

日曜日に例年より1週間遅れでのSummer timeが終了し、時間を1時間巻き戻し。たった1時間、時間を変えただけでも、朝は少し得した気になるし、夜は日暮れが物凄く早くなって18時には外はほぼ真っ暗になっている。それに加え、先週から一気に気温が10℃を下回るようになって、いよいよNYにも恒例の冬がやってきたようだ。相変わらず寒くなるととことん寒くなるNY。Fall Semesterが始まってから、1週間が飛ぶように過ぎて、気付くと週末=バイトで、土曜日にやっと休みだ、と一息ついても翌日日曜日もまたバイト。2連休だけでもいいからもう少しだけゆっくりしたい、なんて思ってみてもまた月曜日から学校が始まって・・・の繰り返し。

先月末にはHalloweenもあったけれど、今年は仮装無し。と言っても過去2年間はバイト先で仮装させてもらって充分楽しんでいるので特にやりたいことも無く、それこそanthonyの職場の目の前からHalloween paradeがスタートしていたけれど、paradeの混雑を避けて就業時間も繰り上げ。何事も無かったように過ぎた。3年目にもなると、こんなものかもしれない。今月はThanks givingもあるが、アンチ・アメリカイベントなanthonyくんはTurkeyを食べることにも興味無し。ついでに言えば、Christmasは彼にとって、見事にアメリカ人=家族のイベント。ロマンティックになるどころか大量のギフトを家族や親戚に買わなければいけないので、一体幾らかかるのだろうとそっちのほうが気になるようだ。私はやっぱりクリスマスのギラギラ・グリッターな街の感じが、大好きだけれど。そういえば去年はどこの店もクリスマス・ディスプレイがその前の年と同じものでがっかりしたけれど、今年はどうなのだろう?いつになるのかわからないけれど、もう少し広いアパートに引越したら、もっとアメリカの行事を家のオーナメントで楽しみたい。バレンタイン、イースター、ハロウィン、そしてクリスマスはやっぱり家の中もキラキラさせていたい。お正月には思いっきり和にしてお雑煮を食べるコタツもほしかったりして・・・。と、想像だけは大きく広がる中、とにかく毎日せっせと学校へ通い、週末はバイトに明け暮れる私。
[PR]
by inBrooklyn | 2007-11-08 13:38 | life